sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2014年02月27日

Phoenix Zoo

P2272063.JPG


りふぉんママです〜〜
ついに 旅行 最終日、
今日は 何も予定がないので
ホテルのフロントへ行って
「どこか、いいところはありませんか?」と
聞いたところ、
「Phoenix Zooがいいですよ」とのこと、
それは 私も聞いたことがある〜〜
最近、動物園なんて行ってないし、
砂漠の動物にも会えるかも・・・と
行ってみることにしました。

車がないので
ホテルの送迎バスに乗せてもらって
送ってもらっちゃいました〜〜〜

園内一周の電車にも乗れるチケットを購入、
まずは tramに乗って ざっと 動物園をまわり、
ざっくりと説明を聞きます。

次に 地図を頼りに 動物たちを間近に見に行きました。

鳥がたくさん飛んでいて
落し物にも気をつけないといけないけど
ついつい、口あけて 上を見上げてしまいます〜





P2272065.JPG


これは このあたり独特の動物、Oryxです
長い角が 特徴〜〜
絵にも よく出てきます。
この orxyの 骨を 飾っている家も多いですよ





P2272068.JPG




P2272071.JPG



これは Gerenukという動物・・・
日本語だと なんていうんだろうか〜





P2272083.JPG



これは リスザルですね〜
サルのセクションは 二重の入り口があって
係の人に 注意事項を聞き、
ケージの中に入って ごく間近で 見ることができます。
触れるくらいの距離だけど
絶対に 触れてはいけません。





P2272093.JPG



道を カルガモが先導してくれます。
「こっちだよ・・・・」





P2272097.JPG



こんなのも 普通にいます。





P2272102.JPG



近づいても 逃げないし、
悠然としたもんです





P2272105.JPG



しばらく見てたけど・・・・
全然 動かないぞ〜〜(笑)





P2272116.JPG


イグアナ・・・・ですね〜
ちょっと 日陰に避難しているようです〜
けっこう 暑いからね・・・





P2272118.JPG


これは Mount Graham Red Squrrel
一心不乱に お食事中〜〜
私も お腹が減ってきたなあ〜〜と思ったら
もう 12時半・・・・

こういうところでは ホットドックに限るっ

熱々をほおばり、水をグイグイ飲んで
動物園をあとにしました。

ホテルに電話して
「迎えに来て〜〜〜」
ほいきたっ 
行きと同じお兄ちゃんが 5分で迎えにきてくれました。
車だと5分なんだけど
歩くと〜〜〜無理っ
炎天下だしぃ〜〜〜

さ〜〜〜て、今回の旅も 無事 終わりそうです。
パパの仕事ももうすぐ終わり、
明日の朝、フェニックスを発ち、
デンバー経由で 日本に戻ります。
金曜日の夕方 到着のはず・・・
帰宅に合わせて りふぉんも帰宅するはずです。

ヒューストン〜サンタフェ〜フェニックスと
気温が めまぐるしく変わったけど
今のところ、二人とも 風邪もひかず、ピンピンです。
アリゾナでは インフルエンザが大流行しているみたいで
ちょっと 気をつけてましたが〜〜

あ、ホテルに帰ってから 屋外プールで泳ぎました。
屋外ですよ、屋外、
カラっとしているけど 気温は 28℃くらいあるでしょうね
だから 寒くない〜〜
ホットバスもあるから 気持ちいいし〜
ただ、何時間も寝そべっているのは・・・無理

日焼け止め〜〜持ってこなかったもん
アメリカ流バカンスは 所詮 私には無理ね(笑)

長々と 旅の記録を読んでくださって
ありがとうございました。

では 次回は 日本から・・・・




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




posted by りふぉんママ at 05:19| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

夏になっちゃった

P2252036.JPG


りふぉんママです〜〜

今朝のサンタフェ 0℃
空港バスが 早くこないかな〜〜と震え、
空港で 朝ごはん代わりに飲んだ スムージーが
クラッシュアイス満載で 体が冷え冷え〜〜
カフェの日向で コーヒーを飲み
ちんまり 丸くなって ブルブルしていたというのに・・・・

飛行機に乗り込み、
まわりをみれば〜〜〜
みんな、タンクトップ・・・・・

そう〜〜〜行き先は
南国だったのです〜〜〜

サンタフェと緯度は そんなに変わらないのに
標高のせい?
見た感じは 似たりよったりの砂漠なのに〜〜

どっひゃ〜〜〜っ
アチっ

ホテルの車を呼びだし
着いた先は
ヤシの木が揺れ、オレンジの実がたわわ〜〜な
南国パラダイスっ

フェニックス、といっても
ここは 隣町の Tempe(テンピ、と読みます)
巨大な 大学街です。
大学の中に 街があるんですな〜〜〜

ホテルは Tempe Mission Palm
Missionじゃなくて Passionかと思ったわ〜〜





P2252038.JPG


2時から 午後の会議が始まるので
それまでに来れば ランチにありつけるよ、とパパ
12時半に飛行機がついて
大急ぎで ホテルのシャトルバスを呼んで
パパと中庭のガーデンレストランで合流〜〜

洋服を夏物に着替えるのが先だったけど
ランチも逃してなるものかっ

一人、冬服で ランチをかっこんだのでした〜
「だって、冬から来たんだもん」





P2252039.JPG


今日の最高気温は 27℃
でもね〜〜日向の日差しは・・・・凄い
チリチリ焼けそう〜〜〜

昨日までは 乾燥で干物状態だったけど
今度は 日干しかぁ〜〜〜
どっちにしても 干物だわ

シャトルバスのお兄ちゃん
「どこか観光スポットは?」の質問に
この山 指差して
「いい景色だよ〜〜上まで登れるよ」

・・・・・・冗談でしょ・・・
この炎天下・・・・死ぬわ

でも〜〜登ってる人がいた・・・・
小さく 飛行機も写ってますよ
空港に近いから ひっきりなし〜〜





P2252041.JPG


ホテルに缶詰めで どこにも出てないパパ、
「湖があるらしいよ〜〜」
へぇ〜〜、と 炎天下
テクテク歩いてみたら・・・

・・・・・・川じゃんっ
どうみても 湖に見えない・・・
それに 名前が「Beach Park」
ビーチねえ〜〜〜
ビーチにも 見えないな〜〜





P2252043.JPG


ここで キャンプしている人までいます。

歩いていると 本当に 干からびて 脱水しそう
たまらなくなって
ヨーグルトのお店に飛び込み
なになに?
自分で カップを選び(大きさね)
ヨーグルトを 注入し、
果物を2種類選んで入れ、
無料のトッピングを2種類?

キャッシャーのおじさんに差し出し
重さを計ってもらってから
「スムージーにして」
ほいきたっ

今朝のスムージーと 似たようなもんだけど
今度は 冷たさが 気持ちいい〜〜〜

持って お店を出ようとしたら
目の前で おばさんが 脱水で 倒れて
足を痛めた様子〜〜〜
「きゃ〜〜〜っ 誰か・・・」
水を持ってくる人、
救急車を呼ぶ人、
一時、騒然となりました〜〜

ひっくり仰天のフェニックス1日目でございます




ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

湿度15%っ!

P2201975.JPG


りふぉんママです〜〜

いよいよ サンタフェ最終日、
どんどん暖かくなってきていて
今朝は コートなしでも大丈夫なくらいです。
少なくとも 朝食には 着ていかなかった(笑)

でも 8時から、のはずが〜〜
日曜日だからか やっと8時半近くにオープン
別に 果物とかヨーグルトとかパンが
セルフで 置いてあるだけなんだけどね〜

きっちり時間にあくなんて 日本だけですね。

それにしても 冬のアメリカは乾燥がひどい。
本当は 雪があって 多少は〜のサンタフェなんだけど
今年は 雪がない・・・・
湿度15%で 「火事注意情報」
こういうときに 山に火がつくと 甚大な被害の山火事になります。

10年くらい前に ロスアラモスで起きた
大山火事は 凄かった。
住民が一ヶ月も 家に戻れなかったんですよ

その後遺症は 長く 続きますね
タバコの投げ捨て・・・気をつけましょう
静電気でも 起きますからね〜〜怖いです


昨日は レンタカーを無事返し、
町のはずれのレンタカー屋まで
友人に迎えにきてもらい、
一緒にランチしました。

この友人、
ブログにも 載せたことがあるけど
音楽家から弁護士に転身した変わり者。
一個年下の男性だけど
ロスアラモスにいたときは フルート奏者で
一緒にたくさん 演奏会もやったんですが、
どう考えても 音楽家向きじゃない。

もっと 1+1=2の世界のほうが向いてそうだったので
「何か 違うことをやったら?」と言ったら
しばらくして メールがきて
「弁護士になるため 法学部に入った」と言うではありませんか
そのとき、もう30歳

はぁ〜〜?って 思ったけど
その3年後
「弁護士資格とったよ」

7年前に サンタフェに来たときは
すでに 自分のオフィスを構え
立派な弁護士さん

飛行機の免許もとり、セスナ機も買った、って。

今回は「何を買ったの?」と聞いたら
「2エーカーの土地とパリにアパート」
2500坪の広大な土地、見せてくれたけど
はぁ〜〜〜でかい・・・・
まだ 荒れ地だけど 来年 家を建てるそうな

「今度は新しい家に泊まってよ」
はいはい・・・・犬小屋でけっこうですわ〜〜

月曜日にフェニックスに行く、と言ったら
「セスナ機で送ってあげたのに〜〜」
・・・・けっこうですわ〜〜

もともと フランス人で 10歳のとき、移住、
だから 完全なバイリンガル、いや、スペイン語も話せるから
3ヶ国語か・・・・
恐れ入りました〜〜
ふんっ 日本語 できないだろ〜〜難しいぜ〜〜(笑)





P2212006.JPG


日本と同じく、こちらも花粉の季節、
くしゃみしている人が多く、
彼もその一人・・・
「この時期は どこかに移住したい」

はいはい、どうぞ パリに行ってください

「パリのアパート、使っていいよ」

はいはい、ありがとうね〜〜

あまりにスケールの違う話・・・・
立派なイタリアンをご馳走になりましたっ





P2212015.JPG


今日は 日曜日、
これから この聖フランシス教会のミサに行きます。
サンタフェに来ると 必ず一回は行くかな
ここの クリスマスの夜中のミサが素晴らしいのだ





P2212017.JPG


雪はないけど
週末のサンタフェは かなり 賑わってます
もうすぐ春になる〜〜って感じで
冬のセールもあったりして・・・





P2222021.JPG


町を一歩出れば 荒涼とした砂漠、
彼の家も こういう中にできるはず〜
「また 夏にくるかも〜〜」と言ったら
じゃあ〜犬小屋だけ 作っておくよ・・・・って

25年来の友人にあえて 嬉しかったな
去年、心臓の手術をしたそうで
ちょっと 再発が心配。





P2232033.JPG


町の中心、プラザの周りには
地元のインディアンの人たちが
手作りのジュエリーなどを 露店で売ってます。
だいたい、作り手が売っているので
作者から 直接買えるのが嬉しい。

インディアン居住区は 法律も違い、
普段は 一般人は入れませんが、
お祭りの時などは 入れてもらえます。

春になると いろんな フェスタがあるので
楽しいです。





RIMG0441.jpg


さて、こちらの方、
元気いっぱいみたいです。
おばちゃんとこで 甘え放題して
明日から また シッターの先生のとこ。
ジャックの女子と合流らしいですよ。


明日は フェニックスをレポートします。




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 00:44| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

Inn at Vanessie

P2222024.JPG



りふぉんママです〜〜

こちらが 泊まっている宿です
リビングルームにキングサイズのベッド、
十分すぎる広さです。

戸建てになっているので
外の門もオートロック、さらに部屋の鍵もあるので
二重にロックされていて 安心。





P2222025.JPG



バスルームも広く、
バスタブもあります。
乾燥しているので お風呂にはいって
そのまま 湯をはっておきます。
なにしろ 冬のアメリカは バリバリ乾燥
干物になりそうです〜〜





P2222026.JPG



バスルームからベッドルームをみたところ、
アメニティーも充実していますよ





P2222027.JPG



暖炉、使いたいけど ちょっと不安・・・・
うまくいかないと いぶくなってしまい、
それこそ、燻製になっちゃう(笑)





P2222028.JPG



こちらが 外観です

ここで サンタフェのご紹介〜

ニューメキシコ州サンタフェは
1610年に Pedro de Peraltaと言う人が作った町、
403年の歴史があり、アメリカで 一番古い州都です。
さらに 標高が2200m、アメリカで一番標高の高い州都でもあります

人口は約68000人、ギャラリーは250以上、
レストランも250以上、と 小さい町としては多いです。
年間300日は晴れる、と言われていて
冬も寒いながら 太陽が出るので 昼間は暖かく、
半袖でスキーができるほどです。

芸術の町として 多くの演奏家がオフシーズンに
バカンスを兼ねてやってくるので
ワールドクラスの演奏会が カジュアルに楽しめます。

冬は 夏に比べ、値段も安く泊まれるし、静かです。
特に クリスマスシーズンがお勧めです。

日本からは ロスやサンフランシスコ経由で
アルバカーキーに飛び、サンタフェにも空港があります。
空港からは 町までバスがあり、町は徒歩で十分なので
車がなくても大丈夫です。

いかがでしょうか?
るるぶ りふぉんママでした〜〜

お問い合わせは りふぉんママまで。
専属通訳兼 ガイドもいたします(笑)





P2222029.JPG



歩いていたら こんなの見つけました
お店の人と ジャック談義
ハンターですからね、
このあたりの山を駆け巡ったらいいだろうな〜〜




RIMG0427.jpg

で、ハンターのはずの方〜〜
シッターの先生宅から 週末、大好きな
おばちゃんちに移って 完全にだらけてます。

もしもし、ハンターですよっ
「何?うるせ〜〜な〜〜」
良い子にしててね
「してるよ、ママ 帰ってこなくていいぜ」

・・・・・あ〜〜〜そうでっか



ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いします


posted by りふぉんママ at 00:49| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

ニューメキシコ料理

P2191959.JPG


りふぉんママです〜〜〜

こちらでも 真央ちゃんと明子ちゃんの演技、
絶賛放送されました〜
もう 涙ものの演技でしたね・・・・
あのショートプログラムから
どんな思いで 臨んだのか・・・・
普通だったら そのまま崩れてしまうかも。
やっぱり 偉大なトップスケーター、
凄い精神力です。

明子ちゃんも 持ち前の表現力、
表情が すごく素敵で こちらの実況でも
褒めちぎってました。

うふふ・・・・どんなもんだいっ

スキーのハーフパイプも 銅メダル
ちょうど 夕飯から帰ってきて テレビをつけたら
3人が抱き合っているところで
え〜〜〜〜っ と びっくり
日本人も こういう競技で どんどん世界レベルになってますね

いいオリンピックになったのではないかな。
こちらで見るのも ちょっと 見方が変わって面白い
もちろん アメリカ人中心にはなるけど
実況が テンポよくて いかにもアメリカ
盛り上がり方が違う・・・・


と、いうわけで
今日は 移動日です。
パパは 午前中の仕事を終えたら 午後、フェニックスに発ちます
私はフェニックスに一週間いてもしょうがないし、
フェニックスでは 会議に 缶詰
車を使わなくても良さそうなので
運転手は今日で おしまい。
で、私は 休暇をもらい、週明けまで
サンタフェで 遊ぶことにしました。

パパを見送ったら
私は B&Bに移動。
B&Bというのは Bed&Breakfastのことで、
アメリカには たくさんあります。
ホテルより規模が小さく、
たいていは 普通のお宅が 子供たちが成人したあと、
空いている部屋を 旅行客に提供しようと、安く貸すもので
homemdeの朝食付。

ホテルのように 設備はないけど
アットホームで 居心地のよい空間が約束されます。
一人旅には お勧め。

だいたい 奥様が とても世話好きで、話好きが多い(笑)
仲良くなると 色々 楽しいことも・・・・・


B&Bの紹介は 明日にすることにして・・・

今日は ニューメキシコ料理のご紹介

メキシコ料理と どう違うのか、と言われると
メキシコに行ったことがないので よくわからないけど
ニューメキシコー料理は 独特なものがあります。

基本は チリを使っているので 辛いです。
赤いチリと 緑のチリがあり、
実は 辛いのは 緑・・・・・・
心臓が痛くなるほど 辛いときもあるので
選ぶときには お店の人に聞いたほうがいいです。

最初の写真は もちろん パエリヤ
スパニッシュ系の町なので たくさんのレストランがあり、
道路の名前にも スペイン語が多く、
町のほとんどの人が スペイン語を話します

今回は
いつも行く、Canyon Road の El Farolと
La Bocaという二軒のスペイン料理に行きましたよ






P2211993.JPG


これは 典型的なニューメキシコ料理
小麦粉を伸ばして その上に 卵とチーズを乗せ
たっぷりチリをかけて焼いたものです。
たいてい 豆が添えてあります
ボリュームはあるけど 案外 ペロリです





P2211994.JPG


これは ご存じ、ブリトー
でも 中身が・・・・・たっぷりで はちきれそう
具材は色々で チョイスができます。
もちろん 野菜だけのものもありますよ





P2212000.JPG


はい、これも 美味しそうですね・・・(笑)

冗談、冗談
ちょっと 横道にそれますが、
アメリカの道路事情について ちょっと・・・・・
これ、Stopの下に 3wayと書いてあるの、みえますか?
どういう意味か わかりますか?

実はこれ、よくある標識です。
特に 田舎とか小さい町に多い。
信号のない交差点が多いので
そういうところには だいたい これが立ってます。
これは T字路になっている場合。
3方向から車が 交差点に進入してきますね。
一番先に入ってきて 一時停止した人が
最初に渡れる、という意味です。
これ、難しそうだけど とっても便利なシステム。
渋滞が起こらない。

もちろん 4wayもあります。
サンタフェには いたるところにありますよ。
もちろん 信号もあります。
でも その場合も 右折は 左からくる車を
確認したら 赤信号でも 右折していいのです。
だから 基本、右折が続くときは ノンストップですね。
反対に 左折は できない場合も多いので 注意です。

交通規則をもう一つ。
車社会のアメリカでは 飲酒運転OKです。
ただし、体重で どのくらい飲んでいいか決まっています。
免許証に体重と身長が書かれていて
私の場合、1ドリンクが許可されています。
ただし、あまりにも体重が少ないのでダメかも〜〜
それに ここは2000mなので 危険
徒歩の時以外、飲まないようにしていますよ





P2212016.JPG


話がそれました。
この写真は Blue Corn Cafeの Green Chile Pork Stewです
寒い冬に 温まるには 最適
かなり 辛いです。





P2212018.JPG


昨日は 今 サンタフェで 一番人気のレストラン
The Shedに行ってきました。
予約したから 入れたけど もう いっぱい〜
観光客でもないようです〜〜
地元の人に聞いたら 今 一番人気らしいです。

確かに〜〜〜美味しいっ
これは 海老のグリル・・・・美味っ
スパニッシュライスがついています。
あと スクワッシュのグリルもね・・・・





P2212019.JPG


これは Polo Adovo
これが ニューメキシコ州の 一押しかな・・・・
トルティーヤという薄いパン(インドのナンみたいなもの)に
鶏肉、チリとチーズを2種類ほど乗せて 焼いたものです。
これも 美味しくて パパは 大喜び
今回は かなり 食べ物がヒットしたので ご機嫌です。

でも・・・依然 低音難聴は治ってないみたい
苦い薬も飲んでいるんですがね・・・・
フェニックスは標高が低いから治るかな。

ニューメキシコ料理のご紹介でした〜〜〜っ




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 01:56| Comment(5) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

Canyon Road

P2211996.JPG



りふぉんママです〜〜

昨日、突風が吹いて
暖かい空気を全部 吹き飛ばしてしまい、
今日のサンタフェは 氷のように冷たいです。
もはや、寒い、という言葉は当てはまらないっ

でも、これが 本当〜〜
昨日までが あまりに暖かかったんですよね
これで 天気が悪ければ 確実に大雪ですが、
雲ひとつない快晴〜〜〜
真っ青な空です。

キ〜〜〜〜〜ンと冷たいっ
まるで 冷蔵庫、いや 冷凍庫ですな・・・・


朝ごはんに出たら
あまりに寒かったので パパをオフィスに送って
部屋に帰ってきてから グズグズとしてましたが、
たくさん着こんで エイヤっと出かけました。
行く先は Canyon Road

100以上のギャラリーやショップが並んでいる通りです。





P2211999.JPG


夏になると
オープンカフェや中庭ショップなども出ますが、
さすがに 寒いし、雪のないシーズンになったので
ギャラリーもあけているものの、ドアが閉まっていて
なんとなく さびしい。

写真でみると さんさんと太陽が照って
暖かそうですが〜〜寒いっ
500mくらいの道でしょうか。
両側に びっしり ギャラリーが並んでいます。





P2212005.JPG


ポストも カラフル、
遊び心 満載の通りです。

風がないと まだ いいんだけど
午前中は 昨日の残り風があって・・・・
何度も 固まりそうになりながら
ギャラリーに入って 温まりながら、の散策





P2212007.JPG


いつも行く、お目当てのショップ、
新しいギャラリー、カフェ・・・・
見上げれば この青い空、
すべてを 吸い込んで 拭い去ってしまうような、
青い空と茶褐色の家並みが 大好きです。





P2212011.JPG


歩く人もまばら〜〜
すれ違うたびに
「寒いね〜〜楽しい1日を」と
見知らぬ同士、声を掛け合うのも 嬉しい旅の醍醐味

たった 2時間歩いただけで
道を2回 聞かれたし、写真を撮ってくれ、と頼まれたし(笑)
私は 頼みやすいのか・・・・?
一人で歩いているからでしょうね〜〜




P2212013.JPG


トルコ石のジュエリーは高いけど
お店のお姉さんとのお喋りは 無料〜〜
体が温まるまで ああだ、こうだ、と色々見せてもらいながら
楽しいひとときでした〜〜

明日は パパが 午前中の仕事を終えたら
一人で アリゾナのフェニックスに発つので
お見送り〜〜
私は ホテルを変え、今度は 中心のプラザと反対側、
どっちかっていうと 下町的なエリアに移動。

暖炉のある、素敵な部屋に 期待大
週明けまで 一人で滞在、のんびりしま〜〜す




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

ロスアラモス

P2201974.JPG


りふぉんママです〜〜

サンタフェ、2日目、今日は友人に会いに
40kmほど離れた ロスアラモス、という町に行ってきました〜

その前に パパと散歩を兼ねて朝食
初めて サンタフェに来た時、そう〜もう25年前・・・・
知人に「ここはぜひ・・・」と教えてもらったカフェ
一番古いカフェで お勧めは クロックムッシュー
コーヒーも 極めて フレンチで 濃くて美味しいのです。

だから 来ると 毎日・・・ではないけど
お茶するのは ここ。
サンタフェの町は この時期、とても静か〜〜
本当は スキー場が近いので
スキー客がいるはずなんだけど
今年は雪が・・・・ない

ましてや 平日は 静かなもんです

ゆったりと 朝ごはんと散歩を済ませ、
パパをオフィスに送り届け、
一路、ロスアラモスへ〜〜





P2201979.JPG


昨日は 砂漠の写真が撮れなかったので
ちょっと 路肩に車をとめて パチリ

ね? 砂漠の中の一本道でしょう〜
これでも 25年前より、ずっと 整備されたんです。
有名な サンタフェオペラ(半屋外劇場)も
「ここを入れ」と 標識が立っているだけの
未舗装の道だったけど
今では ちゃんと ハイウエイから 出口ができているし、
いつも サンタフェから 出る時に使っていた道は
今は閉鎖になって 立派なジャンクションになったし〜〜

びっくりするほど 様変わりはしようもない所だけど
多少は 近代的になってきてます。
もう〜〜変わらないな・・・あと50年は・・・(笑)





P2201980.JPG


25年前、1年半ほど ロスアラモスに住んでました。
有名な ロスアラモス国立研究所があるところです。
研究所しかない、といってもいいくらい、
他には 何もありません。
住んでいるのは 研究所に従事している人と家族。
だから ショッピングモールも一個、
映画館も一個、
でも、立派な病院はあるし、
なんと オリンピックサイズのプールがあります。

2000mの高地なので
強化選手が トレーニングに来るんです。
こことか、コロラドのデンバーとか アリゾナとか・・・・





P2201984.JPG


ここでは 様々な研究がおこなわれていて
実は トップシークレットの部分が多いんです。
従事する人は2種類。
赤いネームプレートを持つ人と
青いネームプレートを持つ人。

極秘部署には 門の前に 銃を持ったガードマンがいて
たまに 知らない人が 入ろうとして
銃を突きつけられる、といったこともあったようです。

スパイも たくさんいるとか、いないとか・・・・

セキュリティーは厳重で
しっかりゲートがあって 一人ずつ チェックされます。

25年前は そうでもなくて
パパのオフィスなど
「どなたでもどうぞ〜〜〜」な雰囲気で
いつでも 誰でも 入れました。

全然 シークレットじゃない研究だからね(笑)


ここは 唯一の被爆国である日本の国民としては
複雑な場所です。
あの 原子爆弾を作った場所、だからです
オッペンハイマーとか ファインマンとか、
その時代の精鋭たちの頭脳を結集させた、
マンハッタンプロジェクト、
ここで 行われたんです。
私は ファインマンの本も読みました。
彼が あのあと、どんな思いを抱えたか、
科学技術は 平和のために使うべきもの、という
彼の苦悩は 計りしれないものがありますね。


MESA、と呼ばれる 平らな、わずかな台地に
建物が作られて
MESA同士を 橋でつないでいます。

万一、敵が攻めてきたら
橋を爆破させる、と 聞いたことがありますが、
本当かどうか〜〜〜





P2201986.JPG


景色は この通り、
真っ青な空と 茶褐色の台地、
荒涼としていますが、
実際にみると その圧倒的な大きさに言葉を失います。

一応、景色のいいところに
展望台らしきものも・・・・・
これも 昔はなかったなあ〜〜

しばらく みていたら 
何台か止まって 写真を撮ってました。





P2201987.JPG


町は 全然 変わってなくて
「新しくできたのよ〜〜」という、
レストランで 友人と 久しぶりの再会を喜び
ランチをするのも忘れて 話が弾みました。


予報通り、
午後は 凄い風になったので
早めに引き上げ、サンタフェに戻ってきました。
なにしろ さえぎるものが何もないので
風が吹くと ハンドルをとられます。
危険なので、慎重に 制限速度の120kmを
はるかに 落として・・・・の走行
全員に 抜かれましたけど(笑)


明日は 芸術の町らしく
たくさんのギャラリーがある、サンタフェ
風がおさまるのを期待して
散策することにしようと思います。




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです



posted by りふぉんママ at 07:04| Comment(5) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

サンタフェ

P2191955.JPG



りふぉんママです〜〜

アルバカーキーからレンタカーして
久しぶりの 左ハンドル、右車線・・・・
よし、違和感なし・・・・ってか 道が広い、車少ない(笑)

今回の滞在は ホテル
La Posadaです。
サンタフェ独特の Adobeという建物・・・・
とっても ステキなんです





P2191956.JPG



途中の砂漠を撮りたかったけど
なにせ、運転していたもので・・・
軽く ランチして 早速 パパをオフィスに送り届け
これから 夕食の予約〜〜
どこにしようかな・・・
行きたい店は 数件・・・
しかし〜〜部屋の電話の回線が悪い
早く 直しにきておくれ(笑)





P2191957.JPG



どこかしら 壊れていることが多いのが アメリカ
怒らないで 待つのだ・・・そのうち 直るさ





P2191958.JPG



パパのオフィスからみたサンタフェ・・・
この 荒涼とした景色が なんとも好きなんです

明日か あさって 砂漠を飛ばして 友人に会いにいくので
写真、撮ってこよう〜〜っと





image6.jpeg


りふぉんは トイプーちゃんと
仲良く、楽しくやっているようです。
心配ないね・・・・




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いします



posted by りふぉんママ at 08:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

NASA宇宙センター

P2181896.JPG


りふぉんママです〜〜

パパが 1日 仕事なので
ヒューストンといえば ここ、
NASA ジョンソンスペースセンターへ行ってきました。
ヒューストンのダウンタウンから南へ 20マイル
30分ほどのところですが
行く手段は 車のみ、
レンタカーしてないので ツアーガイドを頼んで
車を出してもらいました。

彼女は コロンビアからの移民で
このあたりの 通訳兼、ツアーガイドをしているらしく
ホテルで 紹介してもらいました。

入場料やアトラクション、往復の交通費
ギフトショップの割引券など、まあまあ リーズナブルで
交渉ができました。
おまけに 帰りは ダウンタウンに帰りたい人を拾ったので
私は かなり 値引きしてもらえて ラッキー


まずは トラムツアーに乗って
コントロールセンターなど ガイド付きの見学

月面着陸したレプリカも展示





P2181903.JPG


実際に 宇宙飛行士が訓練するシミュレーターや
様々な 訓練機械があるところなどを 見学できます。





P2181916.JPG


スペースパークには サターンXが展示してあります。
実際にぐるりと周囲を歩くことができましが、大きい〜〜っ

アポロやソユーズ、チャレンジャーなど
今までのミッションの宇宙飛行士の写真も展示





P2181918.JPG


1989年でしたか・・・チャレンジャーの爆発事故
そのときに植えられた木の前では トラムが止まり 黙とう
ブッシュ大統領の追悼演説も流れました

あの事故は その後の大きな教訓となったのですね。





P2181927.JPG


今日のヒューストンは27℃
青空に ロケットも映えます。

若田さんが 船長として
素晴らしい活躍をしているので
ガイドさんの話の中にも
日本の技術とパートナーシップについて
たくさん 触れる箇所があり、ちょっと 自慢でしたね
本当に 素晴らしい技術と人格を持ち
NASAのスタッフからも 信頼されているようです





P2181937.JPG


月の石が触れます。
これは 私の手・・・・撮ってもらいました〜〜(笑)





P2181948.JPG


操縦室・・・・たくさんの計器があって
目が回りそう〜〜〜〜実際はもっともっとあるそうです。

結局、10時半に入って
ランチも ホットドックをかじっただけ・・・
すべてのアトラクションを駆け回り
帰りの車に乗ったのが 4時半・・・
なんと、パパのほうが帰宅が早かった〜〜(笑)

これから 夕飯に出かけ、
明日は ニューメキシコ州、アルバカーキーに飛びます
もちろん、レンタカーして サンタフェへGO〜〜〜っ
2年間住んでいたので 地図も頭に入ってます

友人も待っているので
楽しみ、楽しみ〜〜〜っ




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 08:35| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

ヒューストン到着

140217_073007.jpg




りふぉんママです〜〜

テキサスのヒューストンに到着しました。
気温 23℃、ちょっと蒸し暑いかな


まだ 日曜の夕方です

相変わらず 入国に時間かかるし
今回は パパの液体薬があったので
やむなく 荷物を預けたら
優先で荷物がでてきた上、係りの人が優先荷物だけ ターンテーブルから降ろして並べてくれたのを知らず、延々と待った我ら
すっかり 時間を無駄にしてしましました。

広い 広いアメリカの、
その中でも 広い、広いテキサス、
ライス大学近くの立派なホテルだけど、
回りは 何もありましぇん

明日は ここから20マイル離れた、NASAに行ってみようかと思うけど
(ヒューストンといえばNASAでしょ)
ヒューストンではレンタカーしてないので 車の手配をしなければ。


明日は もう少し マシな記事をアップします





ランキングに参加しています。
今日もポチっとお願いします。



posted by りふぉんママ at 07:43| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

伊豆は暖かかった

131217_180440.jpg


僕、りふぉん〜〜

さむっ
寒いと チッコも近くなる〜〜〜
「ママ、チッコ・・・」
まだ5時半だったから 玄関ドアがあいて
ちょびっと外に出てみたけど・・・・さむっ

大急ぎで チッコだけして
また 布団にもぐりこんで〜〜〜7時

「ママ・・・・うんp」
雨風・・・の中 お散歩・・・・
ママ・・・・無言・・・・・


伊豆は もっと あったかかったよねえ〜
温泉のせいかな〜〜〜
また行く?
「当分・・・いけません」
クリスマスは?
「この間のがクリスマスプレゼントっ」
お誕生日は?
「この間のがお誕生日も兼ねてたのっ」

・・・・・納得できない・・・・・



「玉響の風」ワンコメニューのひとつ
若鶏のカッチャトーラセット
鶏肉の煮込みに さつまいもとリンゴのグラッセ
ヤギミルク付き
600円也〜〜〜
つまり、これが クリスマスとお誕生日のプレゼント?
ね〜〜〜〜ママっ
これだけ?

・・・・・・納得いかないっ





131217_181422.jpg


でも〜〜美味しかった
一気に食べちゃうと 待ってられないから
一口ずつ〜〜〜〜
木のスプーンで いただきました・・・

う〜〜〜む、一気に食べたい





131218_070932.jpg


ここのドッグランは 広さも十分で
半分は ウッドチップ、
半分は芝だから 走りやすいんだよ〜〜

夜も照明があるけど
「夜は小動物がでるから 気をつけてね」と
宿の方・・・・・

落ちていたボールで
久しぶりに遊んでみっか〜〜〜〜





131218_071140.jpg


大爆走中〜〜〜〜っ

「走ると 速いのねえ〜」とママ
そりゃ〜〜〜腐っても猟犬
筋肉隆々だし、本気出せば 速いよ〜〜〜





131218_081343.jpg


ただし、燃費悪し
まだ 朝8時だというのに
もう エネルギーが切れ、
この状態・・・・・・・
もう ご飯も食べたし、休憩の時間

え〜〜〜〜っ
ママの朝ごはんに付き合うの?
めんどくせ〜〜〜〜っ





131218_163544.jpg


温泉が湧いてるから
伊豆は やっぱり温かいのかなあ〜〜
お家では ここが一番なんだよっ


「今日こそ、クリスアスツリーを出さねば」とママ
なんと 仕事納めは クリスマスの日、らしい〜〜




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

二日目はいつも雨

131217_125022.jpg


僕、りふぉん〜〜〜

「サーバーのメンテナンスの関係で
編集ができませんでした〜
遅くなりましたが〜〜
記事を編集します」by りふぉんママ


昨日は ばぁばとじぃじに
演奏会成功の報告をしにいったの。
海一望の教会に じぃじとばぁばがいるんだよ

僕は 納骨堂のお外で 見張り〜〜〜
ネコがいるな・・・・・


しばらくして ママが出てきて
「さっ 今度は りふぉん孝行だよ」

何処へ行くのかな〜〜〜





131217_150406.jpg


途中の海岸公園で たくさん お散歩もして
到着したのは〜〜〜〜

伊豆、富戸にある、「玉響の風」
ここは 去年、ばぁばと 最後に行ったお宿、だよね〜

僕・・・覚えてる〜〜〜


今回は 一番 高台にある、お部屋。
階段を少しのぼっていくんだ〜〜
こんなの〜〜へっちゃら〜〜
ママっ 早くっ





131217_145955.jpg


お部屋からは 海一望の 超絶景っ
お部屋の露天風呂からも この眺望〜〜〜





131217_154427.jpg


あれ・・・・
早速、 僕も ワンコ用 露天風呂に
つっこまれ〜〜〜〜
勘弁しておくれよっ

・・・・・でも あったかくて 気持ちいいかも。





131217_143811.jpg


全8室しかないうえ、
昨日は 泊まり客も少なかったから
ドッグランも 常に貸し切り状態・・・・
女子の一人でもこないもんか・・・・・





131217_181718.jpg


夕飯は 個室で
フレンチのフルコース。
僕は ママの手作りご飯を持って行ったけど
ママが「一足早い クリスマスプレゼントね」って
鶏の煮込みセット(さつまいものグラッセとヤギミルク付き)を
注文してくれた。

ママと同じように
少しずつ 食べました。
それが フランス料理のマナーってもんなんだろ?

ばぁばは この宿が すごく気にいって
病気がわかってからも
「落ち着いたら行こうね」って 何度も言ってた。
だから 昨日は お墓にもいき、ばぁばの思い出を
ママと 話す会だったんだ〜〜〜

僕は ママに寄りそうことしかできないけどさ・・・・


ばぁばと伊豆に来ると
いつも 2日目は雨だった・・・・
今日も 降りそうだけど
朝のお散歩は大丈夫だったし、
まだ 降ってない。

朝から ボールで ドッグランを爆走した僕・・・
もう 疲れちゃって・・・・・

「ママ、帰るとき、声をかけてね」




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいな


posted by りふぉんママ at 07:34| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

パパ、でかしたっ

130707_165942.jpg


りふぉんママです〜〜

りふぉんパパの話題が続きます・・・
あ、ちなみに スイレンの花は
パパの誕生日限定で
その後、咲いてません・・・
パパ、池をのぞいて ふか〜〜〜〜〜〜いため息

かろうじて 写真を撮っておいたら
保存して 眺めているみたいです〜〜


ところで・・・・
今回はイタリアのコモで会議があったパパ、
コモ湖、といえば 結婚して3年後くらいに行った場所、
スイスとの国境に位置する、
美しい湖で、昔から 貴族の別荘なんかがあるところです。

ミラノの近くだし、
そういう客層だから 何しろ 売っているものもセンスがいい

特に 絹織物の産地で
滞在したときに 絹の生地や スカーフ、ネクタイなど
お土産に買ったものです〜〜

でも その頃はまだ 若くて貧乏〜(今も・・だけど)
とても 高価なものには手が出ず
半端布をあさったりしました。
店のおじさんが 私をみて
「この半端な生地、絶対 あなたならワンピースが作れる」
確かに イタリア人だったら せいぜいブラウス・・・だろうな

事実、きれいなワンピースが作れました。


今回は 一緒に行かれなかったし、
アラスカも断念したので
パパが 普段 やらないことを決行〜〜〜〜


なんと、バックをお土産に買ってきたのです
それが これ・・・・・
BRIC'Sという ミラノに本店があるメーカーですが
もともとは コモ湖近郊の村で創業した老舗。

でも ファッションには まったく自信がないパパ、
このバックは 非常に気にいったけど
どうも 私が気に入るか、自信がなく〜〜〜
写真を撮ってきてくれました。
メールで見て 
「絶対、買ってきてっ、青いベルトのがいい」

でも〜
パパは仕事がびっしりだし
おまけにイタリアは 1時くらいから4時くらいまで
ほとんどの店がシエスタで閉まってしまう。

そしたら ランチの時間を利用して
お店に走ってくれたんだって〜〜

いいとこ、あるじゃんっ


大きさも 色も 抜群
ありがと・・・・
来月のお誕生日のプレゼントは もういいから・・・(現時点)





130707_170155.jpg


さらに、さらに・・・・・
シルクのスカーフも・・・・・・

うす〜〜〜いけど
しっかりした織生地に
銀色の糸が織り込んであって
全体的には パープル基調

春に買ったパープルのコートや
カシミアのアンサンブルに ぴったり〜〜





130707_170257.jpg


「いいセンスしてるじゃん」
「ふふん・・・能ある鷹は いつもは爪を隠しているんだ」
「いつも 出してていいよ」
「もう しまったから しばらく出ない」





130708_080710.jpg


これ・・・・持ってどこへ行こう?
ばぁばの別荘?

・・・・・・・・う〜〜〜む、それが問題だ

パパ、ディナーにでも行かない?
「忙しくて 暇はありませんっ」

当分は 眺めてるだけになりそうです〜




ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 08:10| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

ばぁば、歌舞伎座に行く

130620_155514.jpg


りふぉんママです〜〜

りふぉんは 茅ヶ崎にお泊り・・
昨日の朝も 先生の車が見えたら
もう悲鳴をあげて 尻尾がちぎれそうに振り
大喜びで 出かけて行きましたわ〜


そこまで喜ばれると・・・ちょっと・・・・複雑


ま、嫌がるよりいっか〜〜


で、ばぁば様〜〜〜〜のお付きの者として
新歌舞伎座に行ってまいりました。
あいにく・・・パラパラ雨模様ではありましたけど
う〜〜〜〜む、なかなか 立派


私は すご〜〜〜〜く 久しぶりです
それこそ 祖母のお伴で 小さい頃はよく行ったし
最近では 外人のお客様連れて 一度行ったけど
観ないのに、来たことはないので
まじまじと建物をみたことはなかった〜〜〜





130620_155526.jpg


母と叔母は、抽選で ようやく手に入れたチケットを
持ってるけども、私は行く予定じゃなかったから・・・・

とはいえ、左手は折れてるし、
退院したばかり、
よろよろしているばぁば、二人いないとね〜〜
というわけで 私はお付添い・・・・・


「じゃあね〜〜」と 中に入る二人をドアの外で見送り
(ロビーにも入れやしない・・・・)
私は 次の任務

「お土産を買っておいてちょうだい」

お付きの者は 忙しい〜〜〜
母のもの、叔母用、別荘用、もちろんお付きの者だって、欲しい

あれこれ物色し、買いこんだら
叔母から電話
「第1部が終わったから 出ますよ〜〜」

はいはい・・・・・
また 正面玄関にお出迎え・・・・・

病み上がりでは 最後まで・・・は ちょっと無理
もったいないけど、休憩中に退場となりました。

「まだ 大丈夫そうだけど・・」
残念そうなばぁばだけど
このくらいで 無理しないのが 賢明ですぞ・・・・
お付きの者の言うこともきいていただきますっ


元気で 無事に 歌舞伎道中〜〜終了〜〜〜





130620_191308.jpg


お付きの者は 疲れたので
歌舞伎座の お弁当を購入〜〜〜

あまり きれいに写らなかったけど
とっても美味しかったですよ〜〜〜

食べたら そのまま ソファーで爆睡
1時・・・・携帯メールが・・・・
「大丈夫かぁ〜〜〜歌舞伎はどうした?」

待てどくらせど メールがないので
心配したアラスカ放浪の方から メール

しまった・・・・
9時から ドラマを見ていたはずなのに
そのまま 爆睡〜〜〜
誰かと一緒じゃんっ





ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 06:49| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

鎌倉 花巡り

130325_102257.jpg


りふぉんママです〜〜〜

昨日はちょっとお天気が怪しい中、
仕事仲間10人で 鎌倉散策とランチ・・・・

3月25日では 桜はまだだよね〜と
日程を決めた時点では 話していたのですが
なんと、なんと 満開 どんぴしゃっ

全員、東京からの参加、
9時40分に 長谷駅って・・・みんな、はりきってるね〜

私は 車で大仏近くのコインパーキングに入れ
長谷で合流〜〜
降りそうで 降らない雨・・・いいぞ〜〜

幸い、お天気のせいか、
週末開けのせいか、
観光客は まばら・・・・
いつもは 大混雑の長谷寺も ゆっくり見ることができましたよ

桜もきれいだけど
お庭も いつ来ても 見事ですねえ〜〜





130325_103724.jpg


かわるがわる 色々な季節の花が観賞できるように
手入れされています。
ちっこい我が家の庭の ちょびっとの花の手入れにも
四苦八苦する私って・・・いったい・・・・





130325_105424.jpg


長谷、といえば 大仏っと 主張するグループと
光則寺を見ずして なんとするっ(笑)という
私率いるグループに 別れ
光則寺チームは 長谷寺より 一本 大仏寄りの
路地奥にある 花のお寺へ・・・・・

例年ならば 光則寺にある「カイドウ」は
4月が見頃・・・・
でも、今年は・・・もしかすると〜〜と
行ってみると

ご覧くださいっ
満開です。
本堂の前にある「カイドウ」
ため息が出るような 美しさ・・・

おまけに・・・・
人が・・・・・いない・・・・
普通なら 写真を撮る人でいっぱいの 狭い境内、
全然 人がいないんです〜〜

私たちだけの、
貴重な観賞の時間・・・・


では・・・
ここから 携帯で撮った写真ではありますが
数枚、美しい花たちを 愛でてください





130325_105406.jpg



130325_103836.jpg



130325_105638.jpg



130325_105758.jpg


これが・・・・
昨日の ベストショット、
携帯で撮影したにしては いい具合・・・
きれいですねえ〜〜
まるで ビロード、深紅とは こういう色ですね。
実際は もっと 深い 黒が入ったような赤だったです。

さてさて・・
このあと、
お楽しみの ローストビーフ鎌倉山へ・・・

私も 25年ぶり・・・・
おいしかったですよ〜〜
その様子は また明日です




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 08:45| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

運んできたもの

P7140293.JPG


僕、りふぉん〜〜〜

暑い・・・・
お外に出たら プール・・・
公園にも行ってみたけど、暑い・・・
だから お部屋で ママが買ってきたお土産でも眺めるか・・・


ポルトガルには 地方によって
特徴のある陶器が多いらしい、
陶器が大好きなママ、
厳選して 数点 購入〜〜

これは もっぱら 枝豆入れで活躍中〜〜





P7140292.JPG


北部 バルセロスで作られた、
カラフルな人形
主に クリスマス用のものが多いんだって





P7140285.JPG


これは ポルトガルが誇る 伝統技術、
フィリグラーナ、
金や銀を 薄く延ばして 紐状にしてから
レースのように編んだ工芸品、

これは 凄いよ・・・
ママは 工房で 話を聞かせてもらったらしい
えらく 感激してた・・・
でも・・これは ママとパパのばぁばへの お土産〜





P7140286.JPG


これが アズレージョ、
装飾タイルだ。
実は 3枚組になっているものも買ってきて
ただいま どうやって 飾るか 検討中〜

飾ったら 紹介するね〜〜





P7140288.JPG


バルセロスの雄鶏伝説にちなんだニワトリは
ポルトガルのシンボル、
幸せを呼ぶ マスコットなので ひとつ 購入





P7210718.JPG


ポルトガルのコルクは
生産量、品質ともに 世界一なんだって
知ってた?
だから コルク製品が色々あって
パパが すっかり気に入ってしまったらしい。
左が ママのバック(小さく折りたためます)
右が パパの帽子
真ん中の犬は・・・・・非売品っ





P7210717.JPG


アラブの影響も受けているポルトガル・・
小箱の模様も 幾何学模様
とっても きれいなので パパが購入〜〜





P7210715.JPG


今回の目玉、
コニンブリカの陶器
コインブラ郊外で作られるコニンブラ陶器
15〜18世紀の焼き物を復刻したものらしい

裏にも模様があって とってもきれい
昨日は これに おかひじきが乗ってた
・・・・・そういう使い方でいいの?





P7210719.JPG


最後に・・・・
ロカ岬、到達証明書、
名前が入れてあるので 隠してますが
額にでも入れようかな〜〜とママ、

このほか
道端で絵を描いて売っていた人から絵、
さくらんぼで作ったジンジャというお酒など、
パパの洋服の代わりに 運ばれてきたものは多い。

ちなみに
オランダで買った アスパラガスピーラーは
刃物のため、機内持ち込みができず、
バルセロナから 別送品で 空輸。
ママが帰国した翌日に到着しました〜〜


長々と続いてきた
ポルトガルの旅報告、
終わりですっ

あ〜〜〜やっと
僕の番が来たぜっ




ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると 嬉しいです


posted by りふぉんママ at 08:52| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

夢か幻か

P7150543.JPG


りふぉんママです〜〜

ミ〜〜〜〜ンミンミン
隣の公園から にぎやかなセミの声が・・・

・・・・・夏だ・・・・・

一週間前の、あのことは 夢か幻か・・・・
目の前に こ〜〜〜んなお城があったのに・・・





P7150541.JPG


シントラの ペナ宮殿・・・・
王族の 夏の避暑地・・・・
夏は こ〜〜〜んなところで 過ごすのがいいのだ





P7150540.JPG


暑そうにみえるけど
汗なんか 一滴もかかない・・・
乾燥しているからか、
実際 気温は高いし、
紫外線も強いんだけどね〜〜

まとわりつくような暑さが・・・ない





P7150548.JPG


ムーア人の城壁跡・・・
ここは 遠くから眺めるのみ、で割愛
だって かなり 歩くと聞いていたから
剥離骨折の人には 無理無理





P7160714.JPG


さすがに 観光地らしく
人はいっぱいいたけど、どこを撮っても
それほど 人が入ってこないですね〜





P7160625.JPG


ホテル近くにある
レガレイラ宮殿、
ちょっと散歩、のつもりが
巨大な公園宮殿で・・・・
まあ〜〜いったい 管理費がいくらかかるんだか・・・
我が家の ちっこい庭と比べ・・・
つい 計算してしまった〜〜〜





P7160673.JPG


町の中心、王宮〜〜
ここも「ま、せっかくだから 入ってみるか」
と〜〜〜〜んでもないとこでしたよ





P7160696.JPG


特に この部屋・・・・
アズレージョでできている・・・はぁ〜〜すごい





P7160712.JPG


どの部屋見ても ため息しか・・・出ない

・・・・・お掃除が大変だろうな・・・
バリバリの庶民は そんな感想しか・・・でんよ・・・



さて・・・ポルトガルの幻の自縛から
そろそろ 解き放たれて 現実にもどらねば・・・
仕事じゃ・・・・

明日は 
パパの洋服を捨てて 入れてきた
戦利品を 紹介して
旅の記録を終わりにします・・・・


洗濯・・・・干さなきゃ・・・・
メイドさんは やってくれまい・・・・




ランキングに参加しています
今日も ポチっと お願いできると 嬉しいです


posted by りふぉんママ at 08:50| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

西経9度30分

P7160565.JPG


りふぉんママです〜〜

りふぉんのご飯の材料がなくて
今朝は カリカリご飯・・・
「いらない」
「あ、そう〜〜」
ママと冷戦状態です・・・・


夏が戻ってきましたね〜〜
蒸し暑さではなく カラっとしてるといいのになあ〜


さて・・・
北緯38度41分
西経9度30分
海抜140m
巨大な ユーラシア大陸の最西端 ロカ岬です

これは 十字架の石碑





P7160567.JPG


ポルトガルの 大詩人、カモンイスが
「ここに陸尽き、海はじまる」と詠んだところです





P7160572.JPG


この先には アメリカ大陸、
地平線が丸く見えますね〜〜

日の入りまで 待っていたいけども
今は 日が長く、最終のバスに乗り遅れると
陸の孤島〜〜





P7160573.JPG


冬だと凄いんだろうけど
この日も すごい突風で
声も一瞬で吹き飛び、聞こえない

気温は 低くないはずなのに
ほとんど 低体温症〜〜
耳が・・・・ぼわ〜〜〜〜〜〜〜ん





P7160580.JPG


この碑の前で みんな
かわるがわる 記念撮影〜〜
立っているのも 困難な突風でした





P7160587.JPG


夕日が落ちていくのが 見たかったなあ〜
でも もう 二度と来ることはないだろうな〜〜





P7160591.JPG


観光案内所では
ロカ岬に到達したことを証明する
「到達証明書」と 書いてくれます
名前と日付を 古式ゆかしい字で
さらさら〜〜〜っと

もちろん、書いてもらいました。





P7160571.JPG


海は広い、
ちっこい悩みなんか、
すべて この海に捨ててしまえ〜〜っ

「ゆっくり 先に戻ってるね」
剥離骨折のパパは 突風の中、
ヨロヨロしながら バス停へ歩いてました〜〜
飛ばされて 転んだら 完全に骨折だったかもね・・

今 考えると なかなか無謀でしたわ・・・




ランキングに参加しています
今日も ポチっと お願いできると 嬉しいです


posted by りふぉんママ at 08:59| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

これまでの中では・・・

P7160597.JPG


りふぉんママです〜〜

あらら・・・
朝 起きたら 小雨・・寒い・・・
「散歩〜〜〜っ」
はいはい、行くのね

涼しいので 食欲も、元気もある りふぉんです


さて・・・・
昨日に引き続き・・・
最終日に泊まった「ホテル・ローレンス」の話ですが〜

本当は 泊まるはずだった 海辺のカスカイスをキャンセル、
シントラに泊まることにしたものの、
どこに予約を入れようか、
悩んだ末、
ポルトガル最古のホテルを見つけたわけです

りふぉんパパに
「どうかな?」と聞いたら
「最古が最良とは限らない」

それが・・・・どうでしょっ
「今まで泊まったホテルの中では 最高じゃないか」
を 連発・・・・

朝食と ランチを食べたテラス席・・・
ここ、ワンコはダメかしら?





P7160600.JPG


ディナーを楽しんだ メインダイニング
サービスも 超エレガントなのに フレンドリー





P7160598.JPG


私は 鴨のローストの赤ワインソース





P7160599.JPG


パパは ポルトガル名物の
干し鱈のロースト

どちらも・・・・・言うまでもなく 美味っ


デザートに
私は シャーベットシャンパン
パパは これまた ポルトガルでは欠かせない
デザートワインの ポルトワイン





P7160615.JPG


朝食・・・・・
バロメーターであるコーヒーも
丁寧に入れてあって 美味、
ただし、紅茶ができないらしく
どこでも ティーバック、
コーヒーを飲まないパパは ちょっと 不満顔





P7150518.JPG


部屋の窓の外の緑・・・・





P7160601.JPG


ソファーとは別に
お茶を飲むテーブルも・・・・・

寝る・くつろぐ・飲む・食べる・読む
旅の途中のホテルですること・・・・
ひとときの安らぎと楽しみを
同時に与えてくれた・・・
そんな ホテルでした





P7160595.JPG


階段の踊り場にある 小さな窓にも
美しいカーテンが・・・
目の保養、
日本の旅館にある 一輪ざしにも似た、
ホッとする一瞬の演出が 素晴らしい


また ぜひ泊まりたい、そんなホテルです
「最古は最良だったな」
旅の最後・・・・よかったね〜〜

・・・・剥離骨折以外は・・・・(笑)
御蔭さまで かなり よくなってきてますけど・・・・




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると 嬉しいです


posted by りふぉんママ at 09:08| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

ホテル・ローレンス

P7160665.JPG


りふぉんママです〜〜

寒い・・・くらいですね
ポルトガルから 涼しさを持って帰ってきたかな・・
しかし、紫外線は強く、天気は超快晴だったから
こんなんじゃなかったな〜〜

来週からは 夏らしくなるみたいですね


旅行の最後2日間、ハイライトは
パソコンのポインターの故障でアップできなかったので
デジカメの写真を 個人的保存のため、アップしています
したがって 一部 写真がダブってますが
お許しを〜〜〜っ


これは 最終日に泊まった
ポルトガル、いや イベリア半島最古のホテル、
シントラにある「ホテル・ローレンス」
イギリスの詩人、バイロンが滞在した部屋も
残っています。


本当は この日は
海辺のカスカイスに 倍以上する、リゾートホテルを
予約していたんですが、
向こうで 色々 足の便をリサーチすると
特に 週末は動きにくい・・・
で、シントラに宿泊することに変更
こういう時に パソコンがあると便利ですね〜

まず、カスカイスのホテルにキャンセルを入れ
(48時間以内になるまでは 無料キャンセル適応)
その 返事が来てから リサーチしておいた
ホテル・ローレンスに Hotel.comから 予約を入れました。

運よく、ぎりぎりの予約だったから
とっても お得なレートで予約ができました
ホテルも 空きを作るより
安く提供して 稼働率をあげたほうがいいので
ネットだと より安く いい物件が見つかりますね





P7160592.JPG


ホテルは レストランが併設されていて
客室以外の 公共スペースが 広い、多い。
つまり、こういう 暖炉のあるサロンが
いくつもあって 部屋以外でも
十分 くつろげるのです





P7160593.JPG


どうやら ここが バイロンが滞在した部屋っぽい
今は 書斎、図書室のようになっていますが、
少し 奥まった、特別な部屋の感じがします。
一番 通りから遠いので 静かだし・・・





P7160610.JPG


中二階のような 踊り場も サロンが広がっていて 広い
我が家が 泊まった部屋は 部屋番号がなく
「ティールーム」という部屋
かつては お茶を飲む部屋だったそうです。
この階には この部屋しか なく、
あとは サロンとして 公共スペースです





P7160617.JPG


この階には テラスもあって
「ここは 自由にどうぞ」
へぇ〜〜〜〜
一週間くらい滞在しないと
味わいつくせないホテルですな〜〜〜


私を置いて帰っていいよ・・・・(笑)





P7150512.JPG


前にも紹介した、
ここが わが部屋のリビングルーム、
ここだけでも 十分 広いのに
エントランスホールも広い〜〜





P7150514.JPG


ベッドルームも ステキ・・・・





P7150519.JPG


バスルームも広いぞ〜〜〜っ

タオルがかかっているバーは
冬になると 電気が通り、
暖かくなるので タオルも すぐに乾き、
小さい 洗濯ものも ここにかけておくと
乾くシステム、
これがあると ほんと、便利なんですよ





P7160603.JPG


バスルームは 海のデザインで 統一されていて
トイレットペーパーホルダーは 魚





P7160604.JPG


タオル掛けは 灯台

こういう細かいところにも
居心地のよくなる工夫とセンスが
満載ですね〜〜〜
機能的なホテルもいいけど
こういう 温かいインテリアには
少々 旅の疲れが出た体が 癒されます。



明日は ここの 素晴らしいレストランを
紹介します。
あまりに ステキだったので 翌日のランチもしました。
つまり、夕食、朝ごはん、ランチ、
3食、食べたわけです・・・・



ランキングに参加しています
今日もポチっと お願いできると 嬉しいです


posted by りふぉんママ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。