sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2015年09月09日

夕食@玉響の風

DSCN1003.JPG



りふぉんママです〜〜

我が家、全員 風邪気味・・・・
パパは数日前から〜〜
私は昨日から〜〜
りふぉんも昨日から〜〜

パパも仕事を休み(正確には家で仕事)
私は友人たちとのランチをキャンセル
りふぉんは ご飯を食べません

ま、全員 大したことはないでしょう〜〜


玉響の風のお料理・・・・
記録と記憶のために いきま〜〜〜す

まずは アミューズと冷製オードブル
パプリカのムース、コンソメ添え
夏野菜のコンフィ・テリーヌ仕立てと旬魚のスモーク

右下で クンクンしている子は
腹ペコ状態のりふぉん・・・
まだ りふぉんのご飯は 登場していませんでした。
このあと・・・・・来ましたっ





DSCN1005.JPG



温製オードブルとスープは・・・・
鴨ムネ肉のロティ ヴァニラドレッシング
グリーンアスパラの冷たいポタージュ

パパの一言
「グリーンアスパラなのに どうしてスープが白いの?」
「それはね〜〜ミルクとクリームのせいだね」と私




DSCN1009.JPG



お魚料理は・・・・
旬魚と海老のポワレ
ソースはカレー風味でした。
魚とカレー風味、合うね〜〜〜




DSCN1010.JPG



箸やすめには
梅のグラニテ
ちょっと 粗めのシャーベットでしょうか。
爽やかでした




DSCN1013.JPG



メインとご飯は・・・・
黒毛和牛ロースのグリル・フォアグラ添え
しらすご飯
我が家、貧乏性なので 二人とも
フォアグラが苦手・・・・・
「僕が引き受けますよ・・・」と
じ〜〜〜〜っと 見つめる子がいましたが
「ダメダメ、太る・・・・」却下




DSCN1015.JPG



デザートは 
パイナップルのスフレと果物
それに 抹茶ショコラ、コーヒーor紅茶


もうひとつ・・・・
ここは パンが美味しい〜〜〜のです
パパは2個食べました(おかわり自由)
お聞きしたら 業者さんが焼くまでを作って 冷凍にし、
ここで 焼きあげているそうです。
いつも「パンが美味しい〜〜」と思うのですが
みなさん、同じことを言うそうですよ

パンも販売したらいいのに・・・・
宿泊した人で、希望者だけに 予約販売するとか・・・





DSCN1016.JPG


こちらは 先日も紹介した、朝ごはん
部屋ごとに 和食か洋食か選べます
和食でも ジュースも来るし、ポットにコーヒーがあるので
私には とても嬉しい〜〜
洋食も食べたことあるけど 美味しいですよ


贅沢なお宿なので
記念日くらいにしか行かれないけど
今年の結婚記念日も「一食入魂」でございました〜





シェリーエフ2015家族会
2015年10月31日(土)10〜13時
茂原市すいらんグリーンパーク、ヒーリング広場7&8







ランキングに参加しています。
今日も ポチっとお願いできると、嬉しいです。






posted by りふぉんママ at 10:39| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

りふぉんのご飯@玉響の風

DSCN0993.JPG



りふぉんママです〜〜

お肌ツルツル・・・温泉効果抜群ですなあ〜
これで また ご飯も出てくれば・・・・

・・・・・人生、そんなに甘くないっ

りふぉんが 散歩催促しているのに
「雨だよ、それに 風邪気味」と パパが拒否
睨みあいの続く両者・・・

パパの朝食とお弁当を作ってしまわないと
ママも行かれないから ちょっと待って・・・・
「パパはね〜〜ひどいんだよっ」と
キッチンに居座り、パパを睨むりふぉん・・・

やっと 散歩に出たとたん、
お隣の家の前に 大型犬のもの、と思われる落としもの
雨だから 取るのが面倒だったんでしょうか、
雨だから そのうち流れると思ったんでしょうか。
・・・・・悲しいなあ〜〜
お隣は 犬を飼ってないから
見つけたら さぞかし、驚き、怒り
そして 犬や飼い主に悪い印象を持つだろうな。
当然ですよね〜〜〜
もちろん、お掃除しましたけども〜〜
雨の日は 特に 落し物が多い気がします・・・


気を取り直して〜〜
真鶴の海です。
いつもは 駐車場から三ツ石へ降りて行くけど
今回は 反対側から降りてみました。
そんなに整備はされていないけど
なんとか ワイルドな遊歩道があるので 歩けます。
ぐるっと 三ツ石まで歩いて回れますよ〜〜
岩場の生き物を探している子供たちがいました〜〜




DSCN0997.JPG



岩場に降りて 生き物を探しに行った二人・・・
りふぉんは 非常に迷惑そうです〜
それに 太陽が出てきちゃって暑い・・・・
こんなところで 晴れ女パワーはいらんっ




DSCN1030.JPG



真鶴で 新鮮なお刺身定食を食べました。
実は 真鶴は その地形ゆえに 魚の宝庫なんです。
みんな 伊豆に行ってしまうけど
どっこい、真鶴、美味しいお魚だったら 穴場、ですよ
ちょっと 足の便が悪いのかなあ〜〜
小さいころは 岩場で遊んで お魚食べて、
よく 父に連れてきてもらいました〜〜

「真鶴にいらっしゃい」
観光PRでした(笑)


宿についても まだ 雨が落ちて来なかったので
チェックイン前に ドッグランで 遊ばせてもらいました
半分ウッドチップだったはずだけど
今は 全部 芝生になってます。
十分な広さもあるし、
夜間照明もあります。

早速 匂いチェックに忙しいりふぉん・・・




DSCN1004.JPG



さて・・・おまちかねの夕食
たくさん歩いて 腹ペコのりふぉんは
待ちきれない様子〜〜

こちらの料理長がかわってから 初めてきたので
楽しみ・・・・・・
ちなみに 以前 こちらで料理長をしていた方は
箱根ルチアに移動されたようです。

もちろん、りふぉんの夕飯もお願いしましたよ〜




DSCN1008.JPG



それが こちら・・・・・
白身魚とブロッコリーのテリーヌ
本当は プチトマト添えなのですが
りふぉんは 食べないので もったいないから
お願いして 添えないでもらいました。
だから ちょっと 彩りが悪いです・・・(りふぉんのせいです)

デザートは選べるのですが〜
どういうわけか ささみのオーブン焼きも
デザートの一種
他には フィナンシェとか りんごとさつま芋の甘煮も
選ぶことができますよ。
それと ヤギミルク、
りふぉんは 今まで 飲まなかったので
断ろうか、と思ったのですが、
試しに あげてみたら 今回は一気飲み




DSCN1007.JPG



ちゃんと お行儀よく、
少しずつ 食べます。
テリーヌは とても気にいったようで
ガン見しながらも ママたちのお料理にあわせ
待てたのは・・・・偉いっ





DSCN1011.JPG


だいたいのお料理が終わって
ママたちもデザートになれば
りふぉんも お腹いっぱい、満足し、
お料理を運んでくれる、きれいなお姉さん狙いで
外の様子を凝視してます。

こちらのお宿は 全部で8室しかありません。
そのうちの2部屋は 部屋出しなので
こちらの 食事処は 6部屋しかなく
昨日は 満室でしたが 静かなもん。
全員 犬連れだけど(大型犬も2匹)
まったく 鳴き声がしませんでした〜〜


明日は 人間の夕食をご紹介します。
大変、美味でございましたよ・・・・




シェリーエフ2015家族会
2015年10月31日(土)10〜13時
茂原市すいらんグリーンパーク、ヒーリング広場7&8







ランキングに参加しています。
今日も ポチっとお願いできると、嬉しいです。




posted by りふぉんママ at 09:32| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

意外と・・・

150906_121906.jpg




りふぉんママです〜〜〜

昨日は案外、お天気が頑張ってくれたので、
真鶴では、薄日が差し、ちょい暑っ

海岸線をぐるっとお散歩して
ランチにはお刺身定食。
予定通りに楽しめました。





150906_144308.jpg




宿について、遊んでいたら、ポツポツ
いいタイミングでございました。





150907_085314.jpg




りふぉんもワンズ用の温泉にちょこっと。

まだまだ、温泉の良さはわからないようです(笑)






150907_081012.jpg




豪華な夕食の様子はまた後日、
朝ごはんは、パパの希望で和食をチョイス
もちろん完食





150907_090417.jpg




食後にドッグランに行ったら、お友達がいたので
しばらくお相手していただきました。

五才のアイラ君、
ガウガウできて、良かった〜〜




温泉にも沢山入って堪能、
夜中、怖いくらいの豪雨でしたが、晴れ女ぶりを発揮し、
雨も大丈夫そう。
遊びながら、ゆっくり帰ります。


旅の様子は、明日も続きます






ランキングに参加しています。
今日も ポチっとお願いできると、嬉しいです。



posted by りふぉんママ at 10:22| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

推薦しますっ

150622_164654.jpg


るるぶりふぉんママです〜〜
、ってか もう ただの りふぉんママに戻っております。
おかしいくらいに 普通に戻り、
今朝も いつもと同じように起きて、
りふぉんの散歩、朝ごはん、お弁当
パパも いつもの時間に出勤・・・・

りふぉんは この通り〜〜
今回は 絶好調だったそうで、
今朝も うんp4回
まったく なんの変化もありません。
アレルギーも 大丈夫そうです。


スペインの あの青い空は なんだか まぼろしのようですが
でも、梅雨のわりには 爽やかで 明るい空、
洗濯ものの多さだけが いつもとちょっと違う・・・
どんどん 片付くので嬉しいですね〜


さて・・・・
この店を紹介せずに
スペインの旅は終われない。
マラガで 最後に吟味して 検討して 考えて
行ってみた店「El Pimpi」
ピカソ美術館の近くにありますが、
入り口が狭いので わかりずらい。




DSCN0967.JPG


こちらです〜〜
ちょっと のぞいても なにかわからないくらい。
でも 地元では 相当 人気のある店らしいです。
もちろん、呼び込みなんかしていない。
旧市街には 英語で、時には 日本語で
必死に呼び込みをしている店がいっぱいあるけど
まず、そういうところは論外。

流行っている店は そんなことしない。
それに 表に 英語のメニューが出ているところもダメ。
明らかに 観光客相手、だからです。

El Pimpiも 入れば 英語もメニューもありますが
外には メニューも出ていない




DSCN0966.JPG


素敵なパティオ(中庭)を挟んで
ようやく 店があり、バーカウンターの奥にいくと・・・




DSCN0961.JPG


こんな 素敵な店内が現れます。
絶対に美味しいぞ、の匂いがします。




DSCN0960.JPG


ワイン樽が積んである店内、
この時期は 外の席を好むようだけど
我々は この趣のある店内を希望〜〜〜




DSCN0962.JPG


「今日は 豪勢にいこう〜〜〜っ」
と お値段どがえしの 大盤振る舞いっ

手長エビのグリル、
生のはまぐり
くぅ〜〜〜〜〜〜っ うまいっ
どちらも レモンをたっぷりかけていただきました




DSCN0963.JPG


市場で タコを食べたので
「え〜〜〜っ また タコ?」と
消極的だったパパも
「こりゃ〜〜〜すげえっ」と絶賛のタコ
足をぶつ切りにし、カリっと焼いて塩をふり、
オリーブオイルをかけただけ。
添えてあるのは じゃがいも。

鮮やかなグリーンのオリーブオイルが
新鮮さを強調、こんなにシンプルで美味しいもの・・・
素材に感謝、です。




DSCN0964.JPG


あさりのワイン蒸し、
この汁に パンを浸すと・・・もう絶品
もちろん、白ワインに、マラガ特産の甘いワインも。
気持ちよく酔えるのに、
決して悪酔いしないのは 全ての質がいいから?
あのままだと 私は完全に 飲んべぇになってしまうな。
やっぱり お酒は 肴で決まるっ


途中、結婚式を終えたばかりのカップルが
ドレスのまま、家族10人ほどと来店
我々の席が ちょうどよさそうだったので
移動してあげました。
旅の最後に 結婚式と一緒になるなんて・・・
なんか 素敵〜〜〜っ

南スペイン、やっぱりいいな〜〜
行くなら まだ それほど混んでいない6月
ヨーロッパのバカンスシーズン直前がお薦め
青い空とワイン、美味しい旅でございました〜〜





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです



posted by りふぉんママ at 08:24| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

帰国します

DSCN0950.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

マラガから飛んで フランクフルトです。
あと 1時間ほどで 離陸して日本へ帰国します〜
コスタ・デル・ソルの、抜けるような青い空はなく
ここ、フランクフルトは雨・・・です
梅雨の日本へ帰るのに いい準備体操かもしれません。

昨日は 夕飯の前にピカソゆかりの場所へ行ってきました。
マラガに生まれた天才ピカソは この町で10歳まで過ごしました。

こちらが生家で 博物館になっています。
目の前は メルセー公園、
幼いピカソが遊んだ公園。
そのすぐ近くに ピカソ美術館もあります。




DSCN0953.JPG


こちらが メルセー公園、
ベンチに座るピカソの銅像があり、
一緒に写真を撮ってもらいました〜(笑)
自慢じゃないけど 絵の才能はゼロ以下、
絵の教室にも通っていたのに
「お月謝の無駄だと思います」と先生に言われたほど。
・・・・・ハハハ・・・ひどいね・・・

あ、そうそう〜〜
マラガでの最後の夕飯、昨日の晩は
大ヒットでした〜〜
その様子は 明日 アップします。
う〜〜美味しかったなあ〜〜
もう一回、あそこで食べたいっ




さて、帰宅したら りふぉんも帰ってきて
また 日常に戻ります。
夏〜秋は 忙しいので
私のバカンスは これでおしまい。
せっせと 家事、仕事に励みます〜〜





ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると、嬉しいです



posted by りふぉんママ at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

スペイン最終日

DSCN0849.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜
旅の最終便になりそうです。
12日間に渡る、スペインの旅・・・
美味しかった〜〜〜っ
前回のドイツでは 風邪のため
ほとんど食べれず〜〜だったので
今回は がっつり いただきました。

今日は1日、りふぉんパパもお休み、
こちらへきて 初めての休日でした。
珍しく一緒にマラガ観光〜〜
だって アパートの鍵が一個しかないんですもん。


まずは アルカサバ、
古代ローマ人の要塞あとに モーロ人によって
11世紀に築かれた二重の城塞に囲まれた要塞です。
入り口には このようなローマ劇場跡があります。




DSCN0884.JPG


ヒブラルファロ城へ続く道・・・・
老夫婦は のぼり25分におそれをなして断念・・・
バスもあるんですけどね〜〜
それでも 今日だけで 2万歩、これ以上、歩けん




DSCN0890.JPG


壁の彫刻も細かくて美しい〜〜




DSCN0894.JPG


・・・・・と思ったら
ミニアルハンブラ宮殿のようでした。
こちら、ヘネラリフェにそっくり〜〜




DSCN0910.JPG


半分ほど 未公開の部分があります。
こういうものは 修復の繰り返しなのでしょう




DSCN0914.JPG


マラガの港・・・・・
有名なビーチもありますが、
昨日まで ずっとビーチだったので
今回は 海のほうまで行かず、
高いところから眺めて終わりにしました〜




DSCN0921.JPG


次は 大聖堂、
16世紀に工事が始まったものの、
資金不足のため、塔が片方だけ未完成のまま
18世紀中ごろに 工事が終わったそうです。
「片腕の貴婦人」と呼ばれています。
外からみても 大きいな〜〜と思いましたが
中に入って 圧倒されました




DSCN0924.JPG


パイプオルガン、圧倒的な大きさです。
いったい どんな音がするのか・・・・
ミサは 日曜日の12時・・・・
あ〜〜残念 空港にいる時間です。




DSCN0925.JPG


内部には 17の礼拝堂があって
どれも 装飾が素晴らしい・・・
ため息ものです。
もちろん ステンドグラスも・・・・・

飲んで食べて・・・
そんなことばっかりじゃ〜〜いかんな、と
思って 外に出たとたん
「ランチをしに 市場に行くかっ」




DSCN0945.JPG


やってきました、アタラサナス中央市場
魚、野菜、果物、オリーブ、肉、ナッツ類、
食べ物がずら〜〜〜〜り
中に数軒バルがあり、
またまた サングリアと
串焼きのタコ、白身の魚、エビに舌鼓

このあと、また もう一軒バルに入り
マラガの甘口ワインを飲みながら
鰻の稚魚とエビのカナッペに満足の我ら
「一食入魂」の1日でございます〜〜

これから 夕飯・・・・
スペイン最後の食事になります。
明日の朝は 市場で買った果物、チーズで
簡単に朝ごはんを食べてから 宿を出ます。


マラガからフランクフルトに飛ぶので
フランクフルトで時間があれば 更新しますが
次回は 帰国後になるかもしれません。

あ、最後に〜〜
りふぉんのことに 全然ふれませんでしたが
今回は とても順調〜元気にしているようです。
今週はシッターの先生のお宅、
いつものビッキーさんや ジャックのベリーちゃん、ココロちゃん、
常連さんが多く、とても楽しそうに過ごしているそうです。






ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

食い倒れ、マラガ

DSCN0842.JPG


食い倒れ・・じゃない るるぶりふぉんママです〜
酔っぱらっておりますので
誤字脱字は ご容赦ください。

マラガに移動いたしましたっ
今日と明日のお宿は こちらの路地にある、
Apartementos la casa de Marques です
グラナダと同じく、私が吟味に吟味して
決めた アパートメント方式の宿です。

なんと 55平米ありますです。
酔っております・・・

ここは 完全にアパートメントで
フロントデスクもありません。
ちょっと 離れたところにオフィスがあって、
そこで チェックインし、案内してもらいました。




DSCN0828.JPG


長期滞在、それどころか 何年も住めそうな感じです
こちらが リビングルーム、




DSCN0827.JPG


洗濯乾燥機まで揃っている、キッチン
もう 洗濯はしなくていいな〜〜がっかり・・・




DSCN0829.JPG


こういう ベッドルームが二つ。
なので 今夜は別部屋で寝ることにしました。
別居・・・な夫婦

それに バスルーム
十分すぎる部屋。

これで ちょっとお高め、二人で一泊12000円
ホテルのようなサービスはなくて、の値段ですからね。
でも、二人用のベッドルームが二つ、
それに リビングルームのソファーは ソファーベッドなので
もっと 泊まれます。
だとすると 割安ですね〜〜

ホテルは 個人のニーズによりますね〜
色々な情報や予約などの手伝いが必要なときもあれば
うっとうしいサービスはいらない、っていう場合もある。


ピカソの生まれた家のすぐ横で、
旧市街にありますから どこへでも便利
海までも 徒歩10分、
まわりは バルがいっぱい〜〜〜
あ、バルというのは 朝から晩まで利用できる
朝ごはん屋さん兼 ランチ処兼 喫茶店兼 飲み屋さん
夕方6時くらいのなると 
どこのバルも 一杯飲む人でいっぱい
で、早速 繰り出しました〜〜




DSCN0841.JPG


カウンターの前には この時間
ちょっと 小腹を満たす、カナッペがいっぱい
どんどん 新しいカナッペができて 並びます。
簡単なのは 指さして、
una esto por favor
これをひとつください、といえばいいのです。
オーブンで さっと温めてくれます。

その前に 飲み物を注文。
できれば サングリアか 店の定番ワインがよろしい。
una copa de vino bianco de la casa
といえば 店の白ワインがでてきます。
サングリアも グラス注文できます。
飲めなければ 水とかジュースでも もちろんOK。

キノコやタコ、白身魚のカナッペを注文、
それに・・・・私は〜〜〜




DSCN0839.JPG


Una mediaracion de jamon serrano
イベリコ豚を 半皿分、注文しました。
一皿は racionというのですが 量が多いし高いので
半分の量、mediaracionといいます。

これが スペイン流 バルでの正しい食べ方です。
もちろん テーブルには座らない、ちゃんと座ると高いのです。
カウンターに立つか、背の高い椅子に チョコンと腰かけて
長居はせず、一杯分と2皿くらい食べて
さ〜〜〜次の店っ
3軒くらい はしごすると お腹はいっぱいです。

ここの店では マラガの伝統的な甘口ワイン、vino dolceが
お会計の声とともに サービスされました。
それも 飲み干したら ぎゃ〜〜〜っ 酔ったっ




DSCN0836.JPG


こちらは 大聖堂、
明日 中へ入ってみます




DSCN0833.JPG


こちらは サンティアゴ教会、
ピカソの両親が結婚式をあげ、ピカソが洗礼を受けた教会。
こじんまりとして 美しい教会ですが
酔っ払いがお邪魔しては・・・ね


アパートメントには 朝食はありません。
なので 小さなスーパーに寄って
果物とヨーグルト、それに パン屋さんで
いろんなパンを買いました。
これで 明日の朝もOK

で、とりあえず 一度帰宅・・・・・
あとで もう一度 バルへ行く予定〜〜〜
ちょっと 酔いを覚まそう・・・・

ここで 2泊しますっ





ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです



posted by りふぉんママ at 02:54| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

スペイン料理あれこれ

DSCN0807.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

La Herraduraも あと一泊となりました。
こちらでは 1時くらいまで 仕事をして
4時くらいまでは ゆっくり 食事と休息の時間になります。
特に 夏は 一番暑い時間帯ですしね〜

今回、まだ 一食入魂「料理」をご紹介していませんでしたね
では 一挙・・・・
とりあえず、スペイン料理です。
もちろん、イタリアンもあるし、アラブ料理もあるけど
やはり これだけ海の近くですから
魚介類が美味しいです〜〜

・・・・・とはいえ、
私の大好物・・・イベリコ豚の生ハム。
毎日 食べてます。
そろそろ 豚になりそうです・・・・・
必ず 朝ごはんに 出してあるので
遠慮なく がっつり取っていただいてます。

この時期のヨーロッパでの楽しみは
これまた 私の大好物、白アスパラガス
でも スペインでは あまり見かけなくて
その代り グリーンアスパラガスは とても安く
いっぱい売ってます。
で、この一品。
焼いたアスパラガスとイベリコ豚の生ハム
一緒に食べると 塩加減が最高です・・・・




DSCN0808.JPG


こちらは たぶん 今回のイチオシヒット料理。
鰻の稚魚を さっと揚げて とうがらしで炒めたもの。
エビのグリルも乗ってます
これ・・・・ビールによく合います。
ちなみに ビールは セルベッサだけど
セルベッサ・クラーラというと
ビールを甘い炭酸で割ったものが出てきて
意外といけます。
アルコールに あまり強くない人、
喉がカラカラで いっぱい飲みたい人にお薦め。
私は もっぱら これか サングリア




DSCN0731.JPG


タコのマリネ、
これは 定番だからこそ、店の工夫がわかります。
この町で 一番のお薦めレストランのメニューですが
柔らかくて とても美味しかったです
バルサミコ酢が ほどよくきいていて・・・・




DSCN0729.JPG


こちらも定番だけど
あさりのワイン蒸し
これは あさりとは ちょっと違って
朝、漁師さんたちが いっぱい採ったものを
道で売ってましたから 今 シーズンなんでしょうね
大きさは大きめのアサリくらい。
でも 味は ハマグリ・・・・
プリプリで 非常に美味しい。
パスタにも入ってましたが 美味でした〜〜




DSCN0460.JPG



これは このあたりの名物、
ペスカードス・フリートスといいます。
魚介類の揚げ物ですね。
揚げたてに ジュっと レモンを絞って食べます。
バルの定番・・・文句なく美味しい




DSCN0466.JPG


ネコちゃんも 根気良く おこぼれを待ちます
美味しいものは 知ってるねえ〜〜




DSCN0685.JPG


ついでに 鳥もきます。
なんでも 食べます・・・・
今日は 子連れのスズメがきて、
パンをあげたら お母さんから口移しでもらってました




DSCN0662.JPG



一番の高級料理が こちら。
アルハンブラを眺めながらいただいた一品
海に行く前に・・・と牛肉
串焼きになってます。
アラブのカバブ料理のアレンジでしょうか。
面白いのは 白っぽいものが ジャガイモかと思ったら
焼きりんご・・・・こちらでは よくつけ合わせに出ます。




DSCN0825.JPG


食後は もちろん 甲羅干し
今日は かなり暑いので 泳いでいる人もいっぱい




DSCN0822.JPG



・・・・・・といっても
誰もみえませんねえ〜〜(笑)


明日は マラガへ移動します





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 02:08| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

白い村、フリヒリアナ

DSCN0751.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

昨日よりも さらに夏になりました〜
紫外線が痛い・・・・
まったく 汗はかかないので カラッカラ
これで 日焼けすると 非常にお肌に悪い状況だけど
もう 昔から 何もケアせず、諦めて焼いているので
もう〜〜〜いいや・・・・
今夜は 一応 持ってきた保湿美容液マスクの試供品でも
試してみっか・・・・・

、というわけで 今日もお出かけ・・・
昨日と同じバスにのり、ネルハで乗り換えて
今日は フリヒリアナという村へ行ってきました。

スペイン、アンダルシアには 「白い村」が
あちこちに点在していて、
有名なのは グラナダ近郊にある、パンパネルラとか
マラガの近くにある、ミハスなんかが
よく、日本のツアーに組み込まれているみたいですね。

ここ、フリヒリアナは まだ 日本では
知名度が低いかもしれません。
主な観光ルートから 大きく外れていて
組み込みにくい上、本当に小さな村なのです。

そういう意味では穴場、のんびりできます。
その代り、お土産屋さんや レストランも少なめ。

ここが 村の入り口です。
バスはここまで・・・
このあとは 丘にへばりつくように建っている、
白い家の間の迷路を ひたすら あがっていきます。
帰りのバスの時刻を確かめ、
帽子をかぶって、サングラスして いざっ




DSCN0753.JPG


ギリシャのミコノス島に似ていますね〜
青い地中海と空、白のコントラストが美しい
今日の空も 本当に青い
こういう青が大好きなのです。
我が家のテーマカラー。




DSCN0754.JPG


どっちへ行こうかな?
気のむくまま、足のむくまま・・・
あちこちの路地をのぞきながら
足を滑らせて転ばないように・・・・
石が敷き詰めてあって
しかも 斜めなので 特に降りるときは要注意
ものすごく滑ります。
スニーカーがよろしい・・・




DSCN0756.JPG


一応、バスから いっぱいお客さんが降りたのに
みんな どこへ行ってしまったんでしょうか。
迷路に迷い込んでしまったようですね〜〜
誰も・・・いない・・・・




DSCN0757.JPG


ここ、フリヒリアナは 16世紀半ば、
グラナダを追われたムーア人が キリスト教に改宗を
余儀なくされ、反乱を起こした地、
その様子が 壁にはめ込まれたモザイクに描かれています




DSCN0762.JPG


村の一番上、
その名も El Mirador(展望台)というレストランからの眺め
ランチをしようか、と思ったけど
オープンまでに(オープン時間が遅いっ)時間があったので
諦めて 下山・・・(笑)





DSCN0770.JPG


たくさんはないけど
お土産屋さんには 地元の作家さんの陶器や
カゴ、織物などが 並べてあって
どれも カラフルで かわいい〜〜
ひとつ、買ってしまいました。
陶器をみると 買わずにはいられない病〜〜っ





DSCN0773.JPG


そういえば、
20年前にグラナダに来た時、
「白い村」パンパネルラに行き、
そこで 100頭くらいの 羊の群れに囲まれた私、
どうしたかって?
しょうがないでしょう〜〜
羊に「どいてくれ」っていっても通じないし
一緒に犬の先導で 移動ですよ〜〜
道いっぱいに広がって ゆっくり移動する羊と私・・・・
一緒に行った誰かが写真に撮ってくれたんだけど
そのころは まだ デジカメじゃないし、
パソコンで こんなに自由に写真を送れる時代じゃないし、
どこかの、誰かのアルバムの中で
笑われているのかも〜〜〜
囲まれた時は 相当、困ったもんね〜〜
結局、羊の群れが 大きく曲がるときに
羊に蹴られながら その場を動かずにいたら
なんとか 抜けだせましたけど・・・・
あのまま 羊小屋で一泊するのはなあ〜(笑)


今夜は ビーチで 海の幸のBBQとフラメンコショーの
パーティーだそうです・・・・
夜遅くなりそうだから お昼寝でも・・・・zzz





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです





posted by りふぉんママ at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

夏がきたっ

DSCN0700.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

お待たせいたしましたっ
コスタ・デル・ソルに 夏がやってまいりました
いやぁ〜〜このまま 寒かったらどうしようかと・・・
今朝 起きたら なんか匂いが違う
明らかに 風向きが変わったようです。
風も波も穏やかで 
「今日はいけるっ」

で、一気に行動開始っ
バスで 20分ほどのところにある、
ネルハという町へ出かけてきました。
もちろん パパはお仕事です・・・
(一応 いってらっしゃ〜〜い、と見送りました)

ネルハは La Herraduraより ずっと観光地で
ホテルやお店、レストランも多く、
ネルハ洞窟や白い村 フリヒリアナへの
起点の町としても 人気があります。

もともとは 要塞だった、
「ヨーロッバのバルコニー」という
景勝地があって、そこからの地中海の眺めは抜群

青い海と空、もちろん 服装もタンクトップです
昨日までと えらい違いだぁ〜〜っ




DSCN0705.JPG


限りなく透明な水、
上から 眺めても 魚が見えそう〜〜
いないかな・・・・




DSCN0707.JPG


入り組んだ入り江は こじんまりしたビーチになっていて
ホテルが立ち並んでいます。
まだ 水は冷たいので 甲羅干しくらいがちょうど。
地中海は けっこう 冷たいのです。




DSCN0708.JPG


ここが「ヨーロッパのバルコニー」
もっと ハイシーズンになれば
ものすごい数の観光客らしいですが
まだ そうでもない・・・・




DSCN0710.JPG


お昼時に近づいてきたので
いい場所を探します。
せっかくだもの、絶景レストランに入るのだっ
一食入魂は 場所にもこだわるっ




DSCN0711.JPG


もちろん、教会でお祈りも・・・・
「夏を呼んでくださって ありがとう」




DSCN0716.JPG


遊歩道もあって、
下から 「ヨーロッパのバルコニー」と見上げると
こんな感じです。




DSCN0719.JPG


こちら、本日の一人ランチ席
絶景レストランの 絶景席
まだ ランチのオーダーが始まる前に
ドリンクで入って、そのまま ランチを注文するのがコツ
お店も空いているし、
オープンしたばかりだから
お店の中もきれい。
トイレとか借りたいときも
気持ちがいいですよ。




DSCN0723.JPG


搾りたてのオレンジジュース、
カリカリにローストした鴨がたっぷり乗ったサラダ
私のランチなら これで十分
絶景と一緒に 大変美味しくいただきました。
Estaba muy bueno エスタバ ムイ ブエノ
(とてもおいしかったです)
の言葉を添えて・・・・・

しばし、絶景を眺めながら
旅日記を書き、店を後にしました〜〜




DSCN0724.JPG


ネルハのメインストリート、
両側に土産物店、カフェ、レストランがびっしり
また バスに乗って 帰ってきましたよ

さてさて、
今日も たくさんの人に道を聞かれました。
「私も初めてなんですけどねえ〜〜」
バスの切符の買い方や バス乗り場、
どのバスに乗ったらいいか、まで〜〜

わかる範囲で お手伝いしましたけど。
・・・・・・チップ、ほしいよ・・・・・





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです



posted by りふぉんママ at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

寒すぎるっ

DSCN0680.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

6月のコスタ・デル・ソル、夏じゃ〜なかったのかいっ
・・・・・・さむっ

「パリより寒いよ〜〜っ」とは やはり夏を求めてやってきた友人
ここに来ている全ての人のかばんには
水着とビーサンが入っているはずなのに・・・・
泳ぐなんて とんでもないほど、寒いです

一応、最高気温24度とかなんだけど
風が強くて 体感気温が低すぎる・・・・
それでも 長袖など持ってこなかったのか、
みんな(若い人は・・・)タンクトップに短パン
おばさんは 無理無理
長袖2枚に ジャケット着て
首にスカーフ巻いて 背を丸め歩いてます・・・

この美しいビーチを眺めつつ
暑いお茶を飲みつつ・・・・う〜〜〜む
こんなはずじゃ〜〜なかった(笑)




DSCN0682.JPG


♪誰もいない海〜〜♪
がんばって 甲羅干しをしている人はいるものの
もはや、やせ我慢か、破れかぶれにしか、見えない・・・

だって 純粋に バカンスをしに来た人は
諦められないよね〜〜
パパは「仕事にきたのだ」と 胸を張ってるけど
私は 泳ぎに来たんだよねえ〜

風が強いので 波が高い
う〜〜〜〜っ ブルブル




DSCN0683.JPG


青いグラデーションがきれいな海なのに
いまのところ、足だけでも・・・という勇気も出ない
地中海、遠きにありて・・見るだけ?




DSCN0681.JPG


しかたがないので
食事だけは 豪勢に、海の幸を食べてますが
やっぱり 持ってきた水着、カバンから出したいなあ

今日が寒波の底のようですが、
それでも 今週は 泳ぐには ちょっと低い最高気温が並んでます。
お天気は ず〜〜〜〜っと いいのですがね。




DSCN0679.JPG


海岸線の丘には
こんな小さな村が 点在しています。
バスで 行ってみようかな
・・・・・・ビーチは諦めて・・・・





ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです




posted by りふぉんママ at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

夜のアルバイシン

DSCN0642.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

日曜日、昼のバスで 次の目的地、
コスタ・デル・ソルの 小さな海辺の町
La Herraduraへ来ました。
ここが 今回のメイン。
5日間、りふぉんパパは ここで仕事です。
私は ビーチで甲羅干し〜〜と思ったら・・・さむっ

「こんなことは 滅多にない」と
地元の人がいうほど、涼しいのです。
まあ グラナダでも 24℃でしたからね〜

快適ではあるけど
泳ぐには・・・・地中海 けっこう冷たいからなあ〜
う〜〜〜む

ま、明日からの様子で・・・ハハハ

昨晩は グラナダの友人(ジョニー・デップ似のイケメン)と
アルバイシンの丘の上にあるレストランで 
日没に赤く染まるアルハンブラ宮殿を眺めながら
夕飯をしました〜〜

アルバイシンは カルメンと呼ばれる、
お金持ちの 立派なお屋敷が 丘に張り付くように
建てられていて、花が咲き乱れ、迷路のような
入り組んだ路地を 迷いながら歩くのが楽しいです。
夜中 迷うと・・・・・こわい




DSCN0654.JPG


レストランのテラス席からは アルハンブラ宮殿が一望、
完璧な眺めです〜〜




DSCN0664.JPG


夕日に照らされて
刻一刻とかわる、宮殿の色・・・・
幻想的です。
食べるのも忘れて(忘れないけど・・・)みとれます。




DSCN0666.JPG


いよいよ 21時33分の日没・・・・
土曜日の夜とあって、賑やかです。
日没と同時に ライトアップが始まります。




DSCN0669.JPG


空の色が だんだん濃くなるにつれ、
ライトに浮かび上がる宮殿が 幻想的になっていきます




DSCN0671.JPG


夜も アルハンブラに入ることができますが、
やっぱり 夜はこちら側から見るのが美しい
前回は 見れなかったので 満足、満足
友人との 楽しいお喋りもあって
素敵なグラナダ最後の夜となりました〜〜




DSCN0673.JPG


レストランを出るときは この暗さ
このとき、10時、まだ 予約のお客さんが
4組ほどきていませんでした。
ラテン系の国の夜は 遅い・・・・
イタリアもスペインも 夕飯は 早くても8時半から。
レストランがあかないのです。

それまでは ワインとタパスで一杯
延々 それがあってから 夕飯になります。
まあ、これが その国の習慣ですからね
慣れればいいんだけど 時差があるうちは
もう 眠くて 食事どころじゃない・・・・
体が寝ているから 食べても 消化しないし〜〜

あ、今回 私は 時差はなし・・・
パパは〜〜食べながら寝ていることも しばしば




DSCN0674.JPG


夜のアルバイシン、
まだ 10時だから 人も歩いているし 怖くないけど
迷うと トホホ、だろうなあ〜
「どっちから来たっけ?」
3人で 考えながら 降りて行きました。
ちなみに 友人は グラナダ在住20年、
それでも いまだに わからないらしい(笑)

まあ、住んでいると 観光スポットには行かないものね。
私も NY在住7年半、自由の女神をみたことがありません。



では 明日からは いわゆる 欧米型「バカンス」を
実践してみたいと思います。
どういうのかって?
日がな・・・カフェやビーチに座って
ドリンク片手に 読書?
・・・・・・無理だな・・・・・





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 01:04| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

アルハンブラ宮殿

DSCN0483.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜
グラナダ2日目、パパも珍しくオフ。
一緒に アルハンブラ宮殿へ

実は 20年前にも行ったし、
別に 変化もないだろうし、
今回は 行かなくてもいいかな〜〜
なんて ちらっと思っていたのでした。

あやうく 大失敗をするところでした。

20年前と今では
アルハンブラ宮殿にたいした変化はなくても
自分自身にあったのですね〜
みた記憶はあっても
こんなに感動した記憶はない・・・・・

これは・・もう
地上のものではないですね
天上の代物、究極の美、です


一番のメイン、ナスル朝宮殿は
30分ごとの 規制入場。
我々は 10時半なので
1時間前にいき、
しばらく 他を散策、見学しました




DSCN0558.JPG


そして いよいよ ナスル朝宮殿へ。
こんなに 凄かったかしら〜〜
ひとつ 大きな違いは 気温。
同じ6月だったのに とても暑かった記憶があります。
だから もう 歩くだけで 精一杯
あまり 熱心に細部まで 見れなかったのかも。




DSCN0563.JPG


全て ウルトラ細かい彫刻で
クラクラしますね・・・・
一体 どれほどの時間をかけて
彫ったのでしょう。

とても暑そうにみえますが
日陰は 寒いくらいです。
わざと 日向を歩くほど・・・・
6月のグラナダでは 異例です




DSCN0569.JPG


写真だと なかなか その優美さは出ないけど
壁、柱、どんな小さな部分にも彫刻、
素晴らしいとか 凄いとか きれいとか
そんな地上にある言葉では 言い表せない
なにか 言葉を作らないと 表現はできません。

神の領域・・・・ですかね




DSCN0583.JPG


入場制限のおかげか
まだ 観光客が少なめなのか
ほとんど 人の頭が写らないでしょう
押すな 押すなでは じっくり見られないですから。
入場制限は 大正解なのです。




DSCN0584.JPG


どこを向いても この輝き、
宝石ではない、石、なのですよ

すさまじい労力をつぎ込んだ宮殿です。




DSCN0586.JPG


壁や柱ばかりではありません。
見上げれば 天井もびっしり〜〜
幾何学模様の標本のようです。

あえて言いましょう
・・・・・ちょっと 気持ち悪いくらい




DSCN0622.JPG


宮殿から少し離れた夏の離宮、ヘネラリフェ
こちらも 涼やかで 癒されます。
景色がよく、花が咲き乱れ
・・・・・天国でございます・・・・


行ってよかった。
やはり 素晴らしい。
大自然が作った脅威の遺産は 私の中では
いまのところ、イグアスの滝・・・・

アルハンブラは 人間が作った脅威の遺産、NO1かな。
いまのところ・・・・だけど。


今夜は これから サン・ニコラス展望台から
アルハンブラ宮殿におちる夕日をみにいきます。
テラス席から サンセットが一望のレストランを予約してあります。
楽しみ、楽しみっ



明日は 昼ごろのバスで グラナダを後にし、
コスタ・デル・ソルの 小さな海辺の町、
La Herraduraへ向かいます。





ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると、嬉しいです




posted by りふぉんママ at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

ファリャの家

DSCN0408.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

りふぉんは おばちゃんちで かわいがってもらい
極楽生活を送っているようです。
つくづく 幸せな子だ・・・・

時差と疲れで 昨日は8時に寝て
朝は 7時まで寝ていた我ら・・・・
2回、断続的に起きたけど
静かなので ばっちり寝ました
・・・・・寝過ぎで 頭痛〜〜っ

でも 朝ごはんは 山のように食べて
元気いっぱいでございます〜

パパは 多少 不安を抱えつつ(方向音痴)
大学へ・・・(タクシーでいったらしい・・・)
私は 取材のため、スペインが誇る作曲家、
ファリャの家へ行きました
それが こちら〜〜
アルハンブラ宮殿へ行く途中にあります。
宿から アルハンブラ宮殿は登りだけど
15分ほど・・・・
ファリャの家は グラナダの街を一望の
いい景色の場所にあります




DSCN0414.JPG


この家で アルゼンチンに移るまでの
1921年から39年まで 妹と住んでいたファリャ
有名なものは「恋は魔術師」「三角帽子」

はいはい・・・・
もれなく「ベルを押してください」方式・・・
ベルを押すと お兄さんが出てきて
部屋を案内、説明をしてくれました。
スペイン語以外では フランス語が堪能らしいけど
なかなか どうして 英語も立派なもん・・・
「ところで、あなたは日本に住んでいるんだよね?」
「う〜〜〜ん、まあ 一応 アメリカ生活が長いので」
「どうりで・・・」納得していただけました。 嬉しいな

大学時代は ほとんど どっちでもOKなくらいだったけど
帰国して もう30年・・・・
よく アメリカに行くとはいえ、
英語力の衰えはすさまじい・・・・
なんとかせねば〜〜〜なのですが・・・




DSCN0423.JPG


こちら、ファリャ愛用の楽器、プレイエル
フランスのメーカーです。
ショパンがマヨルカ島のカルテゥハ修道院で使っていたのも
この 楽器です〜〜




DSCN0429.JPG


リビングルーム
それにしても 全て オリジナル、
ファリャが使っていた、そのまま。
まあ、100年前の人だから 不思議でもないか・・・




DSCN0432.JPG


食器棚・・・・
たくさんの食器とカトラリーが保存されてます。

お兄さんにお礼を言って
ファリャの家を出て 歩きだしたら
あまりにも 爽やかなので 明日の予約をした、
アルハンブラ宮殿のチケットを取りに行くことにしました。

なにしろ、思いのほか、涼しいのです。
夜は10℃、昼間も 24℃ほど。
紫外線はきついけど
本当に 木陰は涼しい、っつ〜〜か、寒い(笑)
とうとう タンクトップの上に着てた
長袖の麻のセーター、脱ぎませんでしたもん

観光シーズンには 少し早いのか、
それほど 混雑もしてないけど
アルハンブラ宮殿の当日券は長蛇の列・・・・
それを尻目に 「お先に失礼〜〜」とばかり
事前予約の窓口へ。
これで 明日、ここまでこなくてすむのだ

パパ、感謝しておくれ・・・
チケット売り場は 宮殿の一番奥、
混雑を避けるため、売り場と宮殿のメインの入り口は
遠く 離れているのです。





DSCN0436.JPG


ゆっくりと お土産屋さんを ひやかしながら
坂をおりてきて、今度は 大聖堂周辺へ。
市場があって 活気があります。
たくさんのレストランやお店がありますが
う〜〜〜ん、一人だと 量が・・・
基本 タパス(小皿料理)を 何人かでシェアするのが
こちらでは 主流。
まあ、アラブ街だし、ここは アラブの代表的な料理
カバブかな〜〜と カバブサンドにしました。
大きい〜〜〜っ けど 完食
普段だと とても飲めないソーダの缶を
一本、飲んじゃったから やっぱり 乾燥しているんだな〜




DSCN0445.JPG


大聖堂の内部、祭壇が見事です
もちろん、この旅の安全をお祈りしました。
ばぁばの命日も近いので ついでに・・・(笑)





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




posted by りふぉんママ at 00:34| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

グラナダ到着

DSCN0399.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

羽田ーフランクフルトーマドリッドーグラナダ
マドリッドの空港が 雷雨のため 一時閉鎖になり
1時間遅れましたが、無事にスペイン・グラナダに着きました
グラナダは20年ぶりです

意外と 涼しい〜〜
まあ、日向は チリチリと紫外線が強いけど
日陰は 涼しすぎるくらい。
先週は 確か 雨で 暑かったはず・・・
ラッキーっ

早速、今日から3日間お世話になる、宿に向かいました。
アラブ街、アルバイシンに位置する、
16世紀の邸宅を改装した、世界遺産の街にふさわしい宿。

Apartamentos Casa Cuesta del Agua
その名の通り、小さな運河沿いにあります。

街の中心、ヌエバ広場の一角にあるのに
すごく静か〜〜〜っ
最近、好んで選んでいる、ミニキッチンのついた
アパートメント式のホテル
長い旅行だと どうしても 外へ食べに出たくない日、
体調のすぐれない日があるもの、
そういうときに 冷蔵庫や電子レンジがあると便利
お茶を飲むのも 自由に飲めますね。




DSCN0397.JPG


某サイトでみつけたんですが、
ネットでのやり取りでも いい感じだったので
とても 期待してました。
う〜〜〜ん、ステキ。
部屋も 落ち着いていて、パティオを囲んで
部屋があり、とても いい空間です

ふふふ・・・・お手柄、お手柄・・・
パパも納得。
これで 一泊二人で 10000円くらい。




DSCN0393.JPG


部屋の外、バルコニーからは
カルメンと呼ばれる お金持ちのお屋敷が眺められます。
ここで お茶して 1日過ごすのもいいなあ〜〜




DSCN0392.JPG


部屋の中から バルコニー
けっこう広いんですが、我々だけ、専用です




DSCN0391.JPG



いつも お店を広げる前に 写真を撮ろうと思うんだけど
あっという間に 散らかってしまう〜〜
パパは もう 仕事にとりかかってます。
明日は 1日 仕事だもんね・・・・




DSCN0398.JPG



4時半からの 無料のお茶の時間には
長期滞在している人が お喋りに集まるようです。

夕飯は ホテルの人、お薦めのバルで
タパスをつまみました。
どうしようか?などと 夕飯に出るのをためらっていたわりに
がっつり 食べて 胃腸薬を飲む我が家。
一食入魂ですからね・・・


明日は ファリャの家にいってみようと
思っています。
私も ちょっとお仕事です。
取材・・・・・ヘヘヘ





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 02:56| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

行ってきますっ

150610_112813.jpg



るるぶりふぉんママです〜〜
羽田空港です。
これから 搭乗し、フランクフルト経由で
スペインに入ります。


りふぉんも 元気で おばちゃんとこに行ったし
アレルギー症状も落ち着いてます。


しっかり食べて、よく遊び、よく寝て
元気でいてほしい。




では、
次の更新は、スペインのグラナダからです。


行ってきますっ






ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると、嬉しいです



posted by りふぉんママ at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

お薦め3冊

P4150525.JPG


るるぶりふぉんママ、最終日です
体調が悪いので 心配ですが
がんばって帰ります。

今回の旅で 読んだ3冊
こちらは 浅田次郎さん
今 ちょっと はまってます。
とても 軽妙で 面白いので
疲れたときの 休憩時にお薦め




P4150524.JPG



こちらは なるほどねえ〜という本
まあ ここまで、とは言わないまでも
日本は いい国ですよ、ほんと。
外にいると 再認識します




P4150526.JPG


そして 丸谷才一さん 最後の長編小説、
これ、私の母校の話なんです
かなり 詳細なことを書いているので
確実にお知り合いがいらっしゃったのでしょう。

とっても 懐かしく 読みました
小説の筋は 弦楽四重奏団の愛憎劇なんですけどね。



ミュンヘン経由で・・・なが〜〜〜い1日になります
りふぉんが 待ってるから 早く帰りたい
posted by りふぉんママ at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

取材ラスト、オペラ鑑賞

P4140516.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

不覚にも 風邪をひいてしまい、
それが 咳がでる、という やっかいな代物なので
オペラ鑑賞、危ぶまれましたが
なんとか 行ってきました。

ドレスデン、ゼンパーオペラ
世界でも屈指の美しさを誇る、オペラハウスです。
前回は 前衛的なプロダクションで「アラベラ」を観たので
今回は できるだけ 古典物、と思い、
日程と 照らし合わせ、プッチーニの「トスカ」にしました。

オペラハウスの全景は
前に公開したので 今日は内部・・・・
こちらが 絢爛豪華なロビーです。
ヨーロッパでは いまだに こういうものは
上流階級の社交場の様子が ありあり、なので
良くも悪くも、ちょっと 敷居が高い。

やはり、歴史、なのでしょうね〜〜
NYの メトロポリタンオペラハウスにはない、
なんか いい意味での窮屈さが存在します。




P4140517.JPG


遅れてなるものか、と はりきっていき、
そのまま 上のほうまで 駆け上がったら
「コートは 一階のクロークに預けてください」
くぅ〜〜〜また 降りて上るのか〜〜

今日は まだ 中間の席だからいいけど
天井桟敷だと きつい・・・

開場してすぐに席に着いたけど
みなさん、ぎりぎりにならないと 席に入ってこない
ロビーで一杯やりながら お喋りがお好きのようです。
社交場ですからね、当然です。

当然、一人で それも 妙齢の女性が一人
ちょっと 目立ちます〜〜
ちょびっとは いい服を着て行ったけど
蝶ネクタイと ドレスのご夫婦には・・・
やっぱり うつむき加減になってしまう〜〜




P4140519.JPG


パルケット、と呼ばれる一階の高級席をみると
なかなか バラエティーに富んだ客層、
ジーンズあり、ドレスあり・・・・
天井も 美しい絵画で埋め尽くされています。




P4140520.JPG


ここは いわゆる ボックス席はなく
中央に たぶん 超VIPのためのボックスがあるのみ。
だから わりと 見やすいです

客席は わりと ゆったりしています。
こちらの方は 大きいですからね・・・




P4140515.JPG


さて、毎日 お世話になっている市電やバスに乗るには
この自販機で 切符を買います。
種類が色々ですが、英語表記もあるので
ちゃんと 読めば大丈夫
ただし、慌てていると間違えるので
あらかじめ 必要な切符は 前もって買っておくのがよろしい。
使うときに パンチを入れるようになっているので
前もって 何枚か買っておきます。

私が よく使うのは 4回の回数券
4人でも使えるし、一人で4回でもOK

大人、シニア、子供、犬、自転車などなど
1日券、郊外までいく乗り放題券、色々あります。
希望のボタンを押して
金額表示を確かめてから お金を入れます。

ひとつ分からないのは
シングルチケットに2種類
普通のと、short tripがあること。
この short tripというのは いったい
駅何個分なのか、聞いてみなくちゃ〜〜

さて、これにお世話になるのも あと少しです。
明日は 本当は マイセンへ遊びにいこうと思っていたけど
風邪が悪化してもいけないので 近場で過ごそうか、と。

日本は 雨ばかりのようですね〜
こちらでは まだ 雨に降られていなくて
水曜日まで 大丈夫のようです。
桜も満開、このところの暖かさで 一気に開花しました。




P3022720.JPG


冬が長くて寒いドレスデンに
うれしい季節がやってきました。

posted by りふぉんママ at 04:23| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

気合いで風邪を治す

P4120448.JPG



るるぶりふぉんママです〜〜

りふぉんは おばちゃんちで
吐いたり、下痢したりして ご迷惑をかけたようですが
シッターの先生宅に戻って まあまあのようです。
吐き気はとまり、下痢もしていないようなので
「元気になるとお母さんが帰ってくるよ」
と、言い聞かせてもらってます。
カレンダーでも みせて あといくつ寝たら、と
説明したらいいかもしれない(笑)

ジャックのベリーちゃん、ココロちゃんがいるので
仲良く遊んでいるようです。


私は、土曜日の夜、咳がひどくて よく寝られず、
熱もでたように思うけど
朝、シャワーをあびたら 治ったみたい・・・・

りふぉんパパは 列車を早めて
ドレスデンに帰ろう〜というけど
週末の特別格安チケットなので 買い直ししかない・・
そ〜〜〜んな もったいない。
結局、ホテルに チェックアウトに時間を延長してもらい
午前中 散策して ランチ後、ホテルで休憩してから
列車に乗る、ってことで・・・・

せ〜〜〜っかくのプラハ・・・
もったいないよ

幸い、お天気もよく
気温も 前日より低い、といっても15度
コートはいらないくらいです。

今日は旧市街の散策。
川をはさんで プラハ城と旧市街、
大きくわけて 2つのみどころが集中してます。
ブダペストとよく似ている・・・

こちらが 旧市庁舎の広場




P4120444.JPG


有名な天文時計
こちらも 毎時、仕掛けが動きます。
2つの時計がみえますが、
簡単にいうと 上が地球を中心にまわる、太陽と月、
その他の天体を表し、1年かけて一周、
下は農村における四季の作業を描いたもん、
1日に一目盛り動くそうです。
当時の宇宙観に基づいたものだそうですよ・・




P4120449.JPG


15世紀における宗教改革のパイオニア、
ヤン・フスの銅像
街の中心です




P4120454.JPG


火薬塔
ここにのぼると 街が一望〜〜
100の塔の街、といわれるのが よくわかります
塔だらけ・・・・です




P4120507.JPG



こちら、市民会館
「プラハの春」がおこなわれる、スメタナホールがあります。
今回は 適当な演目がなく、
しかも 風邪ひきだったので コンサートは残念でしたが
内部ツアーのチケットが運よくあったので
私だけ 1時間の内部ツアーに参加
「大丈夫か?」
心配するパパだったけど
演奏会では見られない、ムハ(ミシャ)などの
芸術家が内装をほどこした「市長の間」や
ステンドグラスの数々がみられるので
ここまできて 見ない手はないっ




P4120467.JPG



こちらが スメタナホール
1200席あるそうですよ
ホールは大小3つ、
それぞれ 装飾も素晴らしく 趣のあるホールです
いいな〜〜こういうホールがいっぱいあって。




P4120502.JPG


りふぉんパパのドクターストップがかかり、
美味しいサラダで ランチをすませて
ホテルけ帰る途中〜〜〜
また ショパンのプレートを発見
1年 ここに住んでいたようです〜




P4120505.JPG


こちらは 国立オペラ座
中央駅に隣接してあります。
また くることがあったら
ぜひ、聴いてみたいな


ホテルで ゆっくり休み、
早めの夕飯を食べて
6時半の列車で ドレスデンに帰ってきました。

今夜は ドレスデン国立オペラ座で「トスカ」
1日 ゆっくりして 喉飴をたくさん持って
いくぞっ




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


posted by りふぉんママ at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

プラハ

P4110280.JPG


るるぶりふぉんママです〜〜

風邪をひきましたです・・・グスっ
こっちでも ものすごく流行っているようで
電車の中も 風邪ひきだらけ
ありがたく いただいてしまったようです
幸い、大事にはいたっていないので
今日は プラハ2日目 ゆるゆる過ごします。

夕方の列車で ドレスデンに帰ります

さて・・・私はプラハ2回目
前回も ドレスデンから・・でした
日帰りしたので 慌ただしかったですが
今回は りふぉんパパも一緒に一泊

プラハ・・・20℃、快晴〜〜
みんな 夏の装いですよ・・・


ホテルにチェックインして(なんと ホテルの名前がショパン)
すぐに 取材。
こちら ドヴォルジャーク博物館です
パパは庭で くつろぎ、私だけ 中を見学





P4110299.JPG


トラム22にのって 川沿いをプラハ城へのぼっていきます
行きは 大変だから市電で、帰りは徒歩で降りてくるのがいいです

ちょうど 毎時に行われる、衛兵の交代に間に合いました
なんだか 笑ってしまうけど 真面目になさってます・・ハハハ





P4110305.JPG


プラハ城のメイン、聖ビート教会
ものすごい列だったので あとまわし〜〜





P4110307.JPG


こちらは 向かい側の 聖イジー教会
もう どこもかしこも凄くて
りふぉんパパは 口をあんぐり〜〜

なんと、ドレスデンで一緒だった
仕事仲間とばったり〜〜
前日、「週末はプラハにいくんだ」と
話したら 興味がでてみたいで
日帰りで 遊びにきたようです。
それにしても 出会うなんて〜〜〜っ
悪いことはできん・・・そこかいっ





P4110316.JPG


黄金の小路、カフカが住んでいた家があります。
小さなお土産屋さんになってますが
週末とあって どこも 人でいっぱい〜〜





P4110341.JPG


ドレスデンも美しいけど
プラハ・・・・もう 最高の眺めです

ほんと、美しい、
言葉がでない・・・





P4110365.JPG


聖ヴィート教会の内部
圧倒的な大きさと豪華さ、
特に ステンドグラスが・・・・見事っ





P4110398.JPG


有名な カレル橋
一本上の橋を渡って 眺めるのがお薦め
混んでいるしね





P4110406.JPG


カレル橋のたもとにあるのが
スメタナの博物館、取材最後です。
ここで「売られた花嫁」が作曲されました〜


さて・・・今日は 旧市街をちょっと散策します





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いします







posted by りふぉんママ at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。