sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2015年04月19日

話せばわかる

150417_155959.jpg


りふぉんママです〜〜

風邪は まだ治りませんねえ〜
確実に よくなってはいるんですが、
時差ぼけと重なり、もう〜夢遊病者のようです・・
いつも 眠いし、変な時間にお腹がすくし〜
お腹がすいたら 速攻で食べるんだけど
薬の時間もあるから どのタイミングで薬を飲むか
海外旅行+風邪=最悪 ですわ〜〜

なにせ、私の体には ある法則がありまして
「1日食べないと1kg減る」という公式
え? 誰か「うらやましぃ〜〜」って言いました?
2日食べないと2kg
3日食べないと3kg減る
確実に 体から 抜けていくんですよ〜

つまり、今回3日 ほとんど食べなかったので
まあ〜実に正確に 3kg減りました。
私を知る人は「細いのに 案外食べるね」という
印象をお持ちだと思うのですが、
それだけ食べても かろうじて維持、に止まっている
つまり、食べないと 減るわけですな

その日暮らし、日銭を稼いで、その日を暮らしているので
稼がないと 貯金が減る、わけですわ

じゃあ〜〜食べれば 1日食べれば1kg増えるか、といえば
そうではな〜〜〜〜い、
食べても その日暮らしなので その日の分を消費してしまう。
1日で2日分食べないと 計算上は取り戻せないわけです。
それは 弱った体に無理だから 1日分プラスαで
少しずつ 戻す・・・ので かなりの時間を要します。


あら・・・
今日は 私の体のメカニズム紹介ではありませんでした〜
話題は 上の方、りふぉんの新しい取り組みについて、です

「りふぉん、よくお聞き」
と、最近 りふぉんに あることを教え始めました
それは「時間の経過」「物事の順番」について、です。
犬は 時間というものの概念を どうとらえているのでしょうか。

5ヶ月のりふぉんをトレーナーさんにつけたとき
「どういう犬に育ってほしいか」聞かれて
「自分で考えて行動する子になってほしい」と言って
トレーナーさんを 驚かせた私だけど
犬だって考えるし、知恵もある。
ただ、動物が悩まないのは 時間の概念がないせいだ、とも
言われてますよね〜
将来の不安とか、過去過ちとか、そういうものが
ストレスにならない分、あと 何分とか 何日とか
そういう概念もない・・・・
でも、そうだろうか〜〜

過去に痛い思いをした、とか 美味しいものがある場所とか
ネコに会った場所とか、何をしたら いいことがある、ということは
ちゃんと覚えている、ということは
これから先のことに関しても 覚えられるのではないか?

そんなことを考え始めたのは
旅行に行っている間、
「あと、どのくらいしたら」というのは
かなり難しいとしても
「この順番で 予定が進むと 次はお家の帰る」くらいのことは
理解できるのでは?ということ。

で、具体的に 簡単なことから
りふぉんに 時間の概念、順番、を教えることにしました。
たとえば〜〜
午後の微妙な時間に 私が立ち上がると
りふぉんは「おっ、そろそろお散歩だ」と思う訳です
そこで、何も言わずに 買い物に出てしまうと
「どうなってんだ?」と りふぉんはがっかりします。
そんな犬の気持ちなんか かまうもんか、という意見もあるでしょう。
でも ここで
「これから ママは買い物に行く、りふぉんは留守番
 でも 買い物から帰ったら 散歩に行こう」ということが
順番、時間の経過として 理解できれば
りふぉんは 楽しみに その時間を待つことができます。

なにかをしながら言うのではなく、
身ぶりを交えて 真剣に説明します。
「買い物、散歩」「買い物のあと、散歩」
「買い物は留守番、そして一緒に散歩」と 
何回も 繰り返し、順番を示しながら言い聞かせます。
すると 買い物袋を持って 立ちあがっても
率先して 玄関にすっ飛んでいくことはなく、
「買い物だから 留守番なんだ」と 理解したようです。
そのあと、「散歩がある」と理解したかどうか、は不明
でも、確実に 帰ってすぐに 散歩に行けば
そして それをくり返せば
しだいに 物事の順番を理解するようになるのではないでしょうか。

翌日、こういう実験もしてみました。
朝5時半、りふぉんが起きて 散歩をせがんだので
私も布団の上に座り、りふぉんを前に座らせて
「これから 新聞を取りに行く」
「そして もう少し寝て それから散歩に行く」
何回も言って 新聞を取りにいくと
ついては来ましたが、玄関から出ることはなく、
そのまま また寝室に戻り、
「もう少し寝てから散歩でしょ」と言うと
30分 また寝てくれました。
その代り、確実に6時には 散歩に行きます。

ただ、「まだよ、待て」というのでは
いったい、いつまで待つのか、といつまでも期待します。
何をしたら、何のあと、というのは明確になれば
待っている、待たせている、というストレスから
人間も犬も解放されるのでは?と思ったりします。

犬に縛られてはいけない、
犬の言いなりではいけない、
ご飯も散歩も人間の都合でよい、
「犬を育てる本」には だいたいそのように書いてありますが
犬だって 人間の都合だけに振り回されてはかわいそう。
せめて 1日の予定が 順番としてわかっていれば
心穏やかに「待てる」のではないかしら?

カレンダーを見せて
あと ここまで ×がついたら
ママが帰ってくる・・・・とか
分かってくれると 最高なんだけどなあ〜

・・・・あ、人間の都合で振り回してるのか
「話せば わかる」
りふぉんの話も ちゃんと聞くようにしてますよ
彼は かなり饒舌なのでね〜〜彼の場合は「目」ですが・・・





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




posted by りふぉんママ at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | りふぉん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い試みですね。
時間や順番を理解するかどうかは別として
飼い主が発する言葉の端々や
気を感じてはいるだろなと思います。
Posted by 華&あず at 2015年04月19日 13:27
久しぶりです!!
たぶんマイレも理解してると思います。
私がジーンズにはきかえるとソワソワしはじめるけど
「買い物に行ってくるね。買い物から帰って来たら散歩だよ」というと玄関までついてくるけど出る気なしです。
で、買い物から帰ってくると「散歩♪散歩♪」とオシリブリブリ振りながら玄関のドアに鼻をつけて行く気満々になります(笑)
Posted by mi at 2015年04月19日 23:17
素敵ですね^_^
ってか、りふぉんあんちゃんはすでにマスターしていると感じます。
言葉や気持ちが、わかるし。
ある意味コミュニケーションはばっちりなので。
仕上げですよね。
おばさまのお宅。トレーナーさん宅の規則性があり
パパママが帰る。というのも習得したようだし。
カレンダーの印は…。どうかな(笑)
Posted by 伝助&ローラ at 2015年04月20日 07:00
華&あずさん

言葉は理解していますよね
順番として 覚えられるのかどうか・・・
観察対象としては 面白いです




miさん

うゎ〜久しぶりっ
この間、ふと マイレ君のこと、考えてたんだ〜〜
買い物、とか 散歩とか かなりの種類の言葉は 理解しますよね。
留守番の間、あと どのくらい、っていうのが分かってくれると いいんだけどな〜




伝助&ローラさん

言葉は理解していると思うんですが、時間の経過、将来の予定、どうかな
カレンダーの印は〜〜無理か(笑)
Posted by りふぉんママ at 2015年04月20日 09:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。