sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2015年04月17日

やっとこさ帰国

150416_190032.jpg


りふぉんママです〜〜

まず・・・りふぉん 元気いっぱいですっ
みて、この表情〜〜っ
お風呂に入ったばっかりなのに もうベロベロっ

シッターの先生の話では
おばちゃんちで 吐く、下痢の症状のあと、
吐くことはなく、うんpも 少し緩いのが続いたけど
もう すっかり うんpも食欲も戻り
朝晩 しっかり いっぱい食べている、とのこと。

今朝は どうかな?と思いましたが
がっつりいってました。
お散歩でも いいうんpを3回したそうで
りふぉんパパいわく「飛ぶように歩いてたよ」だそう。

今後もうんpの様子をみながら
少し ダイエット気味に維持したいと思います。

というわけで りふぉんはOK
問題は ママです・・・

はぁ〜〜大変だった、道中〜〜
正直、ドレスデン出発の朝は
「これで 日本まで たどりつけるんか?」
くらい 不安が・・・・
先週の週末くらいから 夜中になると咳こみ、
よく寝られない状態が続いて 疲労困憊
さらに 数日前から 吐き気があって食べれない
風邪薬を飲んだので その副作用か、とも思ったけど
たまたま パパの仕事仲間の中に
なんと 医者の免許も持っている、という
アルゼンチン人がいて、具合を言ったら
「その吐き気は ウィルスのせいかもしれない」

抗生剤も持って行ったし、飲んでもみたけど
もともと 抗生剤に弱いし、
適当なものを飲んでも かえってまずい、
熱が高かったら 病院に行くことも考えたけど
以前、病院へいって 処方された薬が私の細い体に強すぎて
胃痙攣をおこし、もっと大変だったことがあるので
微熱止まりだったこと、帰国日が近かったことを考え
日本の友人医師に相談することだけで 見合わせ
帰ってきました〜〜

前日は 吐き気で 一睡もできず、
荷作りをしたら もう 倒れこむくらい消耗、
こういう場合、日本は遠い〜〜
ヨーロッパの中なら どこでも 陸続きで近いですからね。
向こうで一緒だった友人たちも
「遠いからね〜〜気をつけて」と心配そうに見送ってくれました。
その中の多くは また 6月にスペインで再会の予定。

ドレスデンの空港までタクシーでいき、
ミュンヘンへ飛んで 4時間待ち
ラウンジの 大きめのソファーに 犬のように
ちっこく 丸くなって ひたすら4時間待ち、
飛行機に乗り込んで 11時間・・・・遠いなあ〜
食べると吐くので 全ての食事やサービスを断り
ひたすら 寝ました。
なにしろ、まわりで 食事サービスをしている、
その匂いにまで 吐き気がする始末・・・・

ただ、咳は出るものの、かなり寝れて
気分がよくなったので 試しに
ホットミルクと うどんを持ってきてもらい
少し食べました〜〜

もう一つの 試練は 耳・・・・
ただでさえ、飛行機の離着陸には 
気圧の変化で 耳がキーーーーンとしますよね
風邪で 鼻が詰まっているから これがひどい
というか 痛い・・・・
ミュンヘンの空港に着陸するときに
大変だったので これで ミュンヘンから離陸するときに
痛くなったら、11時間大変・・・と
あらゆる方法で 阻止し、なんとか〜〜〜
もちろん 羽田着陸時は 少し痛くなったけど
鼻をつまんで水を飲む、というのを繰り返し
無事でした〜〜っ
その代り、昨日は 夜まで 耳は聞こえず
今朝も まだ変
風邪が治るまで ダメだろうなあ〜〜

まあ、こんな感じで 大変ではありましたが
なんとか 無事に帰宅できました。
パパは 私の荷物まで抱え、熟練のポーターのようで
いつもは タクシーに乗っても行き先も言わないのに
さっさと伝え、払い、空港でも喉飴やメンソールの
吸入グッズなどを探し、大奮闘。
ドレスデンでも 最後の数日は
外に食べに行かれないので 買い物して
スープなんかを用意してくれました。

せっかくのスープも みただけで 吐き気がする、という
非常に 申し訳ない状況だったけどね・・・

本当は パパが仕事だけに専念するために
世話係、各種の手配、雑用のために
私が同行しているというのに
今回は ひじょ〜〜〜〜に 迷惑をかけてしまいました。
反省〜〜〜〜っ

ただ、最初の週に集中していた、私のちょっとした仕事(取材)は
全て やり終えたあと、だったことは幸いで
あとは お土産探しでも〜〜という数日間 寝込んだもので
実害は あまりなかったです。

でもね・・・
具合が悪くなると つくづく思うこと
日本は便利で いろんな意味で 人にやさしい国ですね
まず、普段は あちこちにある、コンビニを
多少 うるさく思う私だけど 具合が悪いときに
24時間、レトルトのお粥やうどん、果物、
プリンやアイス、なんでも 手に入る・・・・・
これって 当然ではないんですよ、外国では〜〜

外人に聞くと みんな 口を揃えて
「日本は便利で みんな親切で わかりやすく大好きだ」というけど
それは 本当なんだな〜〜と思います。

具合が悪いときだけじゃない・・・
遠くまで買い物に行けない、赤ちゃんがいるママさん、
たくさんの荷物を持って歩けないお年寄り
コンビニでも スーパーでも 最近は
届けてもくれるじゃないですか〜〜
これも 外国では ありえない・・・・

弱者になってみて、その国がわかるもの、
おまけに この国の技術力、人間力、
世界に誇れる、いや、世界一だと思いますよ


昔の旅行日誌をみると
驚くべき 旅行日程、移動距離をしていて 
びっくりするけど まあ 若かった、というのもあり、
昔は パパの日程も 今ほど 過密ではなかったから
日程の合間に 休む日もあったんだよね
今は ほとんど 分刻み、
今日も 早々 出勤していきました〜〜
留守にした分、今日、明日は 超過密、らしい
今度は パパが倒れないといいけどねえ〜

パパにうつってる可能性もあるしな・・・・

良かったのは、ドイツでは お天気に恵まれたこと
この時期にしては かなり暖かかったこと、
プラハでは 暑いくらいの晴天だったこと、
パパの仕事にも 支障なく 無事 終えたこと、
海外では元気な私のダウンは想定外だったけど
まあ、「もう 若くない、無理するな」を教訓といたしましょう。

今日は 早速 病院に行ってまいります
で、数日は 無理をせず 休養いたします〜〜





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




posted by りふぉんママ at 08:17| Comment(4) | TrackBack(0) | りふぉん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした( i _ i )
息をきりながら拝読しました。
勝手に旅を楽しませていただいて感謝です。
でも、さすがに飛行機は侵襲が激しいかなと思いました。
大変でしたね。
あちらの医師の違いやら、
りふぉんママの以前苦しんだ話しはとってもわかりました。
ゆっくり休んでゆっくり体力つけてくださいね。
あ〜よかった。本日は今やっと拝読したので
少し安心しました。お大事になさってくださいね。
やっぱり日本は暮らしやすい所ですよね。
Posted by 伝助&ローラ at 2015年04月17日 19:09
パパさんの活躍にとっても感激しました。
追記でした(笑)
Posted by 伝助&ローラ at 2015年04月17日 19:10
お帰りなさい。
つらい帰国の度でしたね。
パパさんが一緒でホント良かった。
こういう時は
とっても心細いものですしね。
りふぉん君もたいしたことがないようですし
しばらくりふぉん君とゆっくり
身体を休めてください。
Posted by 華&あず at 2015年04月17日 22:16
伝助&ローラさん

旅行中のコメント、ありがとうございました。
今回は まったく 助けられました〜
あとが怖いよぉ〜〜




華&あずさん

りふぉんも 超元気で ご機嫌
私も 少し 休めば大丈夫そうです。
ご心配かけました
Posted by りふぉんママ at 2015年04月18日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。