sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2015年04月10日

ライプツィヒ続き・・・

P4090081.JPG


ライプツィヒの続き〜〜
るるぶりふぉんママです

向かい合って建つのが
ゲヴァントハウス、ゲヴァントハウスオーケストラの本拠地
ここは 前に 聴いたことがあります。
いいホールだし、オケもうまい。
こちらも 今夜は演奏会なし。
なので 一泊するのはやめたんだけど・・・・
あったら 一泊したな、きっと




P4090083.JPG


そして〜〜
今回 2つ目の目玉・・・・
メンデルスゾーンの家
38歳という若さで亡くなったメンデルスゾーン、
死の2年前に 家族とともに引っ越してきた家です
ここは すご〜〜〜〜くよかった。
今日は 入場料無料の日、だったし
明るくて 音楽にあふれていて
展示方も とても 洗練されていて 楽しめました。
ちょっと 辺鄙なところにあるので
ほとんど 誰もいなくて・・・・
のんびり 見れましたよ




P4090090.JPG


そして、最後は グラッシー博物館
3つの博物館の集合体なんだけど
私が行くのは 楽器博物館
こちらも 前は 正面ではなく
楽器博物館だけ 入口が横っちょで
え?ここ?ここでいいの?という場所だったのに
今回は 立派におなりで・・・・
堂々 正面からの入場でした。

ここは1時間半も滞在
音楽三昧〜〜〜っ
どこから 湧いてきたのか 楽器も多くなってるし
だ〜〜〜〜〜れもいないし、
写真代も払ったので 撮り放題、
楽器の音も聴けるようになってるし
古きよき時代の音・・・・なごみますなあ〜
どうして あんなに音が柔らかいんだろうか
古楽器・・・・やるか
一応 チェンバロも持ってるんですよね〜〜
調律が面倒なんだけど・・・

結局、ドレスデンに帰る電車1時間前までここにいて
駅まで ぶらぶらしてたら
「シューマンの家・・こちら」の標識
え???どこどこ???
必死で 探したけど 見つからず、
電車の時刻は迫るし・・・次回、またきますっ

こういうとき、現地の人に聞いても
ほぼ、100%みんな知らないんですよ。
実際に住んでいる人は いかないからね
よほど 音楽が好きでないと〜〜
ドイツ人だからって みんな 音楽が好きっていうわけではないし。


で、無事に ドレスデンに帰ってきたのでした。

さてさて、明日は・・・・
ワーグナーが あの、ローエングリンを書いた家、
そして ウェーバー博物館を探す予定〜〜
探す、というのは ドレスデンの街中ではないから。
市電とバスを いくつも乗り継がないとたどりつけない
そこそこ 迷うこと必至・・・・
さて、無事に行くことができるか〜〜
そのために ザクセン州のほとんどをカバーしている切符の
1日券も ゲット
いくら 乗り変えても 戻ってもOK
・・・・・って そんなに迷いたくないなあ〜〜(笑)





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いします






posted by りふぉんママ at 05:17| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね。
ボクなんか
ご近所を尋ねられても
ちんぷんかんぷんですもん(^^;;
Posted by 華&あず at 2015年04月10日 08:13
すごい(^O^)/
息切れをしながらも夢中で楽しんでしまった感じです。
いつも気持ちはついていってますから(笑)
迷わないよう(笑)明日もよろしくです(≧∇≦)
Posted by 伝助&ローラ at 2015年04月11日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。