sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2014年12月08日

ペコス国立公園

PC072529.JPG


りふぉんママです〜〜〜

昨日の夜、また かなり雨が降ったサンタフェ、
短い滞在で 2回も雨が降ることなど
記憶にないので 非常に珍しいかな〜〜
寒かったら 確実に雪なんだけど
まだ 凍結標高は 3000mくらい、
このあたりに雪がやってくるのは もう少し先でしょう。

さて・・・・
土曜日、珍しく パパが週末は休む、というので
「へぇ〜〜〜だから 雨が降ったのか」と思ったけど
この機会を逃してなるものか、と ドライブにお誘い。

ここから 50kmくらいのところにある、
ペコス国立公園に行ってみました。
行ったことがあるかどうか、
25年も前のことは 忘れたけど このあたりには
こういう 先住民族の遺跡がたくさんあります。

約1000年前の遺跡で
居住跡が残っていて ちょっとした散策コースができています。





PC072530.JPG


ちょっと 雲が多かったけど
そんなに寒くなく、ゆっくり歩くには ちょうど。
こういう場所、夏は 暑いんですよ〜〜
ビジターセンターには
無料の水筒と水があって 自由に持っていけます。
ひとたび 散策コースに出ると 3kmくらい
何もないですからね〜〜
干からびて 脱水してしまいそう(笑)

正面に見える山が 約3000mくらいです。





PC072534.JPG


サボテンの花・・・・・
このあたりは いわゆる「サボテン」というような
大きなものはなくて、この程度の低いサボテンの木が多いですね





PC072538.JPG


こちらは 教会の残骸(笑)
かつては この 5倍くらいあった、と考えられていて
色々な出土品が 博物館に展示してありました。





PC072541.JPG


典型的な サンタフェの家の作り方、
かなり 大きな建物だったようです。





PC072545.JPG


周囲には 教会に関わる 様々な家や
馬をつないでおく場所、食事を提供する場所など、
出土品から 読み取れます。





PC072548.JPG


色々な用途で 使われていた 竪穴式の遺跡、
儀式に使われたり、貯蔵に使われたり、
また 寒さをしのぐための住居に使われていました。

中に入ることができます。
蓋がしまったら 怖いなあ〜〜(笑)
落ちないように 用心して 降りましょう〜〜





PC072553.JPG


中はこんな感じ、
決して 住み心地はよくなさそうだけど
済みやすいところは 奪われてしまい、
しかたなく こういう場所を開拓、
当時は、谷底を川が流れていたので
かろうじて 住むことができたのでしょう。





PC072554.JPG


土曜日だけど あいかわらず 空いている、というか
誰もいな〜〜〜〜〜〜い
クリスマスシーズン突入前の 静かな時期、とはいえ
サンタフェの町には それなりに人はいるんだけど
こういう場所は 人が来ませんねえ〜〜

今年は 国立公園の設立50周年とかで
あちこちで イベントや 特別な行事があったようですよ。





PC072556.JPG


こちら、ワンコOKです。
ちゃんと マナー袋の用意も置いてあります。
犬には 2匹、会いました
一匹は 8週間のパピパピ
犬の匂いがするのか 私をめがけて飛んできて
すぐに お腹をみせてゴロゴロ
まだまだ 甘噛み盛り・・・・・

りふぉんが一緒だったら・・・と
車に乗り込んで ため息の夫婦〜〜
サンタフェに戻ってきたのでした。

サンタフェも あと3日です






ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




posted by りふぉんママ at 02:32| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喉がいがらっぽくなりそうな風景ですね?^^;
こんな所もワンコOKで
きちんとマナー袋まで。
国立公園なんでしょう?
ずいぶん日本と違いますね。
Posted by 華&あず at 2014年12月08日 18:40
う〜〜ん♪
遺跡巡りも良いですね〜〜!
るるぶママは、ご主人様のガイドさんもされてますね。

やっぱり次回はりふぉんあんちゃん同行かな???(笑)
Posted by 伝助&ローラ at 2014年12月08日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。