sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2012年09月28日

初の8kg超え

120927_093019.jpg


りふぉんママです〜〜

これ・・・
病院で 教えてもらった 採尿方法〜
せっかく ウシ君のママさんに教えてもらった
割り箸にコットンをはさんで取るっていうやり方・・・
「いいですか?」と聞いたら
病院の先生(近所の)は
「ダメです」

容器にとって 注射器に入れてもってきてください、
とのこと〜〜〜
う〜〜〜む、難しいから
できなければ また カテーテルだけど
あんな細いところに 管を何回も・・
かわいそうだし・・・

頑張ってみました

・・・・・が・・・
「わ〜〜〜い、これ何?」と
新種の遊び道具、と思ったりふぉん
じゃれて 遊んじゃって ダメ





120927_113116.jpg


しかたなく りふぉんの お尻を追いかけ
手に持った紙コップで すばやく採取
20分以内に持ってくるように、とのことだったから
すぐに 注射器に入れ替えて持参

検査、となりました〜〜





120927_114539.jpg


結果は・・・・

結晶は ほぼ なくなったものの
phは あいかわらず 上限ぎりぎり
比重も 上限ぎりぎり
ほぼ 正常値には もどったものの
まだ アルカリ性が強いので
引き続き 療養食・・・・・

・・・・・がっくり〜〜〜





120927_114548.jpg


おまけに 体重が 8.1kgと
過去最高値っ
栄養価の高い療養食に 涼しくなってお散歩も多い
即、筋肉となったのでした

「体重を落とさないとだめだから ご飯減らしてください」

「療養食は 昨日から ほとんど 食べないんです」

「だったら ちょうどいいので 食べなくていいです」


・・・・・・・

「水だけは どんどん 飲ませてくださいね」と先生

普段から 水は あまり飲まないので
手作りにして ご飯と一緒に
水分が摂れるようにしているのに・・・・・

手作りなんて とんでもない、
無理ですから、と 最初から 手作り否定なので
今の状態では とても 無理らしい。


「メーカーを変えてみましょう」と
また 違う療養食を処方されました


なんだか 納得できなくて
家に帰って 色々調べたら
やはり 体重が一気に増えたり
水分補給目的に塩分が多めの療養食なので
肝臓・腎臓に弊害がでてきたり、と
色々 出ていました


水分に関しても
色々 やってみるけど
一番いいのは 手作りで 水分を摂ること、
あとは 水に少量の牛乳を混ぜること

りふぉんは 下痢はしないので
乳糖も それほど 影響ないようだし。





120927_174150.jpg


パパやばぁばと相談して
手作り半分+療養食
水分は 水に少量のミルク、と決めて しばらく様子を
見ることにしました。

基本的に 私が食べれないものを
りふぉんにも あげたくない
食生活は 毎日のこと、
病気になったときの薬とは違うから
納得して りふぉんにも 喜んで
食べてもらいたいです。
美味しく食べるのが
一番 健康の源だと思うから・・・・・・


久しぶりの手作り食
りふぉん・・・・嬉しそう
夏の疲れや冷え、運動不足やストレスも
尿路感染の原因だったのでしょうね。

今年は 外耳炎には ならなかったけど
敵は他にもいたか〜〜〜って感じです




それにしても ストラバイト結石って
多いんですね〜〜
クランベリーのサプリメントも効果があるらしいです




ランキングに参加しています
今日も ポチっと お願いできると 嬉しいです





posted by りふぉんママ at 08:10| Comment(5) | TrackBack(0) | りふぉん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん。なかなか上手くいかないですね〜。
療養食にしたら体重が増えるとは知らなかったです。
水はやはりウチも牛乳に水を混ぜて与えるとガブガブ飲んでくれますから効果的でしょうね。
あと、鶏とかお肉の煮汁をちょっとお水に混ぜても飲みっぷりが良いですよ〜。
根気がいる治療でしょうからりふぉん君の精神的にストレスを感じさせないで続けさせてあげないとね。
りふぉん君、ママさん頑張って!
Posted by tamamomo at 2012年09月28日 18:16
優秀な先生なんでしょうが
どうなんでしょうね?
飼い主さんの気持ちに
もう少し寄り添ってくれてもいいような…。
ただ、療養食のメーカー変えるだけでは…。
Posted by 華&あず at 2012年09月29日 07:56
tamamomoさん

やはり 栄養価も十分あるのでしょうね
手作りは ほとんどが水分、それに慣れているので 一気に カロリーが増えてしまったのかも。
太りやすい体質かもしれないですね

tamamomoさんのおっしゃる通り、りふぉんにも私にも精神的なストレスが一番よくない。
気長に、気楽に続けます




華&あずさん

そうなんです、
同じことでも やはり こちらの希望や方針を 否定するばかりでは・・・・
一番近くの病院だし、決して 悪い先生ではないので
これからも お世話になりたいから 悩むところです
Posted by りふぉんママ at 2012年09月29日 10:10
なかなか手厳しい先生ですねー
先生によって考え方もいろいろ。
飼い主が信頼できる先生に巡り会えるのもまた
難しいのかもしれません。
とはいえ、まだりふぉん君安心できる状態ではないのですから
十分気をつけつつ、毎日を楽しく過ごせたらいいですね!
りふぉん君もママさんも頑張ってください!
Posted by ハラマキ at 2012年09月29日 20:29
ハラマキさん

先生は 間違ったことは言ってない、というのはわかるのですが、「この先生にお任せして 結果がどうあれ、納得できる」という先生にかかりたいんです。

人間も一緒だけど なかなか難しいですね〜
Posted by りふぉんママ at 2012年10月01日 09:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。