sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2012年07月16日

最西端と最古のホテル

120716_014258.jpg


パソコンのポインターが動かない!
マウスを持ってきてないので、今日は携帯から。


古城ホテルでの優雅なディナーの様子は後日、
今日はオビドスに別れを告げ、リスボン経由で、シントラにきました。


ここから、ユーラシア大陸最西端のロカ岬にバスが出ています。

巨大なユーラシア大陸の果ては、物凄い風で飛ばされそう〜

インフォメーションで、古式ゆかしい文字で証明書を書いてもらいました。


このままずっといくと、ニューヨークがあるのかなあ





120715_225234.jpg


シントラにもどり、ペーナ宮殿へ。
王家の避暑地だったところで、
イギリスの詩人、バイロンが「この世のエデン」と称した地、
世界遺産に登録されています。





120715_221837.jpg


美しい宮殿、
はるかかなたまで見渡せる絶景、
時間のたつのも忘れます。






120716_034413.jpg



さて、
旅の最後に泊まるのは、
ポルトガル最古、いや、イベリア半島最古のホテル、
ローレンスホテルです。

バイロンが滞在した部屋も残されています。

通された部屋は、かつてのティールームだった部屋らしく
その名も「ティールーム」、
何だか素晴らしい部屋で
リビングルームは緑いっぱいの庭に面している角部屋、
居心地は最高






120716_034330.jpg


ベッドルームも素晴らしい、
これで、120ユーロ、本当かなあ〜
もちろん二人で、12000円?

レストランが10%オフの特典付き


その素晴らしいディナーも後日、




いい夢見れそう

明日はゆっくりして、
夜の便で日本へ帰ります。

りふぉんに会いたいな





ランキングに参加しています。
今日もポチっとお願いします。

















posted by りふぉんママ at 06:04| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真珠婚を過ぎた先輩から
銀婚式おめでとうございます。
素敵なお城のホテル、まるでおとぎ話のようですね。

今回のこのホテルも
とってもいいお部屋なのに
なんというお値段!
もうすぐ帰国ですね。
Posted by 華&あず at 2012年07月16日 07:42
華&あずさん

真珠婚、すまされましたか
でも あいかわらず 仲がよろしくて〜

日本のホテルが高いのか、あっちが安いのか。
今となっては 夢のように思えます
Posted by りふぉんママ at 2012年07月18日 14:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。