sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2012年07月11日

リスボンでジャック発見っ

P7100171.JPG


りふぉんママです〜〜

ポルトガルのリスボンに来ました。
初めてのポルトガル、
早速 ジャックに2匹、会いましたよ〜〜

アムステルダムでも バルセロナでも見かけたのに
写真を撮り損ねたので 今日は ばっちり〜〜
まだ 若いみたいで やんちゃしてました





P7100092.JPG


今日は パパが 夕方から仕事なので
一緒に観光〜〜
レトロな市電に乗って 30分ほどのところにある
世界遺産、ベレンのジェロニモス修道院へ行ってきました。





P7100093.JPG


150枚ほど 写真を撮ったんですが、
どれを載せていいか、もう わからな〜〜〜いってくらい
素晴らしいものでした。
ヴァスコ・ダ・ガマの偉業を称え、
新天地開拓へと乗り出していく航海の安全を祈願して
マヌエル一世が 1502年に着工し、
約一世紀をかけて完成した、
大航海時代の遺産です。

ポルトガル黄金期の象徴ですね





P7100100.JPG


美しい回廊に囲まれた 中庭、
回廊は マニュエル様式の最高傑作です





P7100112.JPG


サンタ・マリア教会、
天に向かってそびえる柱は
ヤシの木をイメージしたと言われています。





P7100131.JPG


ポルトガルが誇る陶器、アズレージョに
彩られた 美しい食堂、
ものすごく 音響がよくて
ちょうど コーラスのグループが見学にきていて
歌声を聴かせてくれました・・・・
素晴らしい〜〜〜〜





P7100161.JPG


発見のモニュメント、
大航海時代を切り開いた偉人達の像が
刻まれています。

先頭が エンリケ航海王子、
二番目が ガマです





P7100173.JPG


ベレンの塔、
行きかう船を監視する要塞として作られ
のちに 税関や灯台としての役割もしたそうです。

一番上まで 上がれます
ベレンの街とテージョ川が一望です
(ここは 海ではなく 入江のようになっているんですね)





P7100202.JPG


市電で リスボンに戻ってきて
「一食入魂」の我が家、路地裏の大衆食堂で
地元の人たちと 地元の料理を食べ
バイシャ地区にある サンタ・ジュスタのエレベーターで
上まであがり、リスボンの街並みを眺めました


今日のリスボン、午前中は 少し雲があり
一枚では 肌寒いくらいでしたが
午後から さんさんと太陽が照りつけ
リスボンらしい、快晴となりました。


明日は もう少し ゆっくりと
街をまわって リスボンの匂いを満喫したいと思います




ランキングに参加しています
今日もポチっと お願いできると 嬉しいです




posted by りふぉんママ at 00:59| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャックだ、ジャックだ!
外国でも
やっぱりジャック見かけたら
声をかけるんでしょうかねぇ^^

読んでていつも思うのですが
ものすごく詳しいのは事前に勉強されてるからですか?
僕なんか、帰ってきて
あれ?ここだっけ?
ばっかりですが^^;
Posted by 華&あず at 2012年07月11日 08:02
華&あずさん

時差の関係で コメントの承認が遅くて すみません。

こちらがジャックを連れていない状態で、外人(ヨーロッパ人)に声をかけるのは難しいけど、昨日は思わず 駆け寄ってしまいました。
それだけ ジャックに飢えてるんですね。^^

詳しい? とんでもない
そこへ行くまでの飛行機の中で 情報を読みあさるだけですよ、すぐに忘れます(笑)
Posted by りふぉんママ at 2012年07月11日 16:29
ジャックは日本で見つけても嬉しいんだから
海外で見つけたら感動ですね〜

ため息がでちゃうくらい綺麗な建物です〜
Posted by ごま母 at 2012年07月11日 23:24
ごま母さん

そうなんですよ〜
思わず ニヤニヤして 近寄ってしまう、あやしい日本人です

写真では なかなか伝えられないもどかしさ、
本当に」きれいです
Posted by りふぉんママ at 2012年07月12日 17:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。