sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2010年09月25日

バルデモサのショパン

P1060181.JPG

   バルデモサの 修道院



P1060198.JPG

    ショパンのピアノ



P1060195.JPG



P1060200.JPG

  ショパンの デスマスクと左手
  (オリジナルは パリにある)



P1060207.JPG

    雨だれの 自筆譜



P1060215.JPG

    修道院の中庭



P1060220.JPG

      バルデモサ村



P1060218.JPG





りふぉんママです〜〜


りふぉん、だんだんと 本領発揮です・・・・グッド(上向き矢印)
帰って来た直後は 疲れもあったのか
なんとなく 借りてきた猫状態で
おとなしく、私のそばに ひっついて 一言も吠えることなく
わがまま一つ 言わなかったのですが・・・・・


いつまでも そんなわけないっふらふら


昨日は「散歩に行く」「何か食べたい」「遊べ」
要求が多い、多い・・・・・


まあ、それでこそ、元気なりふぉんなので
安心なんですけどね〜〜〜

いいのよ〜〜借りてきた猫状態でも・・・・猫




さて、今回の旅、これも 目的のひとつ・・・
そして 今年だからこそ、の目的・・・・


それが マヨルカから バスで 30分ほどのところにある
小さな 山間の村、バルデモサです。



今年は ショパンの生誕200年、
あちこちで 記念の演奏会や 展示会が開かれ、
また ワルシャワでは ショパンコンクールが開催されます。



1838年から39年にかけての冬、
フレデリック・ショパンと その恋人、フランス人の作家、
ジョルジュ・サンドが ここ、バルデモサの修道院の1室に
滞在しました。



ショパンの体調がすぐれず、また パリでの人目を避けるため
彼らは この 小さな村に 身を寄せたわけです。


たった ひと冬の滞在でしたが、
ショパンは ここで 数曲の佳作を生み出し、
サンドは のちに「マヨルカの冬」と題した本を出版しています


ここで 作曲された曲のひとつ「雨だれ」は
きっと 誰でも 一度は耳にしたことがあるはず〜〜
りふぉんパパが 唯一 結婚前に 知っていたクラシック曲、

・・・・正確には・・・・
あと、ショパンの「子犬のワルツ」
それに ケテルビーも「ペルシャの市場にて」は 知ってた、と
主張していますが〜〜〜


バルデモサは 山間の村なので 坂道に寄りかかるように
かわいい家が 並び、この修道院からも いい眺めです



そうそう〜〜村を歩いていたら
ジャックを発見・・・・・・

小さめの かわいい ジャックでした〜〜
スペイン語ができないので・・・・
・・・・・・声がかけられなかった・・・・・


バルセロナでは パパが 同じジャックに2回会ったとか・・
「同じ時間に 同じ道を 通ったからだ」


私は この子だけだったな〜〜
ワンコは たくさん みましたけどね・・・
こういう小さな村では みんな リードなしで 歩いてました。



明日は いよいよ マヨルカの海、
ソイエルを ご紹介します〜〜


ランキングに参加しています
今日も ポチっと お願いできると うれしいです




posted by りふぉんママ at 08:00| Comment(8) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山間の村にはこんな光景が残っているのですね〜♪
なんだか時が止まったような雰囲気を感じます。
ヨーロッパに行けば、もっとJRTにいっぱい会えると
思っていたのですが、意外と会えないものなんですね。
確かに話しかけるのは勇気がいるかも…(^^;)
Posted by Chibita-PaPa at 2010年09月25日 09:38
おひさしぶりになっちゃいました><
いつも読み逃げ ごめんなさい〜^^;
いつの間にか りふぉんママ、すっかり日常に戻っちゃってますね^^
りふぉんくんも すっかり戻ったようでよかったよぉ
体調崩しちゃったなんて、びっくりしてたんだぁ

異国の街で ついついジャック見つけて
カメラ向けちゃってるママさんの姿、想像しちゃいました^^
どこでも 「あ、ジャックだ♪」 って 見ちゃうんですよね〜♪
Posted by ラテママ at 2010年09月25日 20:46
う〜ん、オーストラリア行けばジャックがうじゃうじゃ?(笑)
でも、ジャック飼いの人みると、つい声かけたくなりますよね。
コレってジャック中毒かしらん?(笑)
ショパン、良いですね♪
私も好きです。
Posted by ジャック★ママ at 2010年09月25日 20:54
バルデモサ村は古い家並の残る
時計の針が止まったような
そんな村なんでしょうか?
ヨーロッパの街並みの美しさは
日本人も真似してほしいもんですね。
ジャック、外国で見ても
やっぱり可愛いわ^^
Posted by 華&あず at 2010年09月25日 23:38
Chibita-PaPaさん

そうですね〜
ヨーロッパにいくと 時間がゆったり 流れるような気がしますね。
空港に着くと もう 私の顔つきが変わる、とパパ。
時計をみることも ほとんどないし〜〜

ドイツでは ジャックをたくさんみましたよ。
それも ほとんどが 白黒ジャックで、大きかったです
Posted by りふぉんママ at 2010年09月26日 09:08
ラテママさん

パパだって そうなんだよ〜〜
「今日ね〜〜ジャックに会ったよ」
「今日ね、りふぉんの夢をみたよ」

・・・・だれが 甘やかしてるってぇ〜〜っ

結局、ジャック漬なんだよね
Posted by りふぉんママ at 2010年09月26日 09:10
ジャック★ママさん

そうそう〜ジャック中毒・・・
イギリスでは しっかり声かけて おやつもあげて、すっかり 仲良くなって 飼い主さんとも しばらく 立ち話・・・
さすがに スペイン語はなあ〜〜

ジャックのため、習うか・・・
Posted by りふぉんママ at 2010年09月26日 09:12
華&あずさん

時間の進み方が 遅いのでは〜〜と思いますね。
静かで、明りが少なく、ひっそりと 落ち着いています。

体への負担も 少ないような 空気ですね〜

ジャック、ついつい 見てしまいます
Posted by りふぉんママ at 2010年09月26日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。