sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2013年05月22日

霧の彫刻

130521_153339.jpg


りふぉんママです〜〜

今日は ちょっと 芸術関係の話題・・・
昨日、「霧の彫刻家、中谷芙二子、出版記念パーティー」に
行ってきました。

中谷さんは 雪博士、中谷宇吉郎氏のご令嬢で
私が 学生時代、アメリカで大変お世話になった
中谷三代子先生の お姉さまです。

そんな関係で
卒業後、芙二子さんの ギャラリーを
しばらく アシスタントとして お手伝いしていました。

30年も前の話です。
アメリカから帰ってきても
演奏する仕事などないし、
そんなときに ふと 遊びに行った 芙二子さんのギャラリーで
「仕事を手伝ってくれない?」と言われ
まったく 美術関係には 縁がなかったけども
世界各国の美術館との手紙(当時、パソコンはなかった)を
清書したり、電話応対したり。

英語ができれば 誰でもできる仕事だったけども
音楽と美術、同じ 芸術関係の人間がやっていたことで
共通の話題も多く、ギャラリーを訪ねてくる方とも
色々 お話が 弾みましたね。


扱っていたのは 主に ビデオ作品。
コンペティションなんかも主催していたから
そういうイベントの前は 寝る暇もなし。
若かったし、1日 18時間くらい 働いてました。
もちろん 部屋をひとつ もらって泊まりこみ〜〜


今 思うと 貴重な体験だったと思います。

だって・・・・
あの、草間彌生氏が ギャラリーで
パフォーマンスしたんですよ〜〜
前日、私が1日かかって
白い模造紙を ギャラリーの壁全部に貼り付け
そこに 草間さんが どんどん線を書き、
「草間さん」が何者であるか 全然知らない私は茫然

書き終わると パフォーマンスをみていた若者が
紙を ビリビリ破り みんな 持って帰ったんですよ

私も かけらの一枚でも もらえばよかった・・・・
今や・・・・あの 草間彌生氏・・・・ですよ〜〜



お祝いに「奇跡」の花ことばを持つ、
青い薔薇を持って行きました〜〜〜





130521_195322.jpg


もう70半ばの芙二子さん、
全然 お変わりなく、なんだか 若くなられたような・・
シャイな 柔らかい物腰と
凛とした まなざしは 憧れです。

飯田橋の日仏学院の 素敵な中庭には
大勢の お祝い客が・・・・・


実は りふぉんパパも一緒に
夫婦で ご招待を受けました。
というのは・・・・
世の中って 狭いですねえ〜〜

以前、パパが関係したプロジェクトに
芙二子さんも 関係していて
会議で ばったり〜〜〜〜

「あら〜〜〜〜」
「え〜〜〜〜っ」

、というわけで 別ルートの知り合いなのに
こちらは 夫婦なわけです・・・・

悪いことはできん・・・・・





130521_201917.jpg


建築家の 磯崎 新氏も 祝辞。
彼は 金沢にある、中谷宇吉郎、雪の博物館を
設計しています。

我が家も 2年前に 金沢へ遊びにいき、
博物館を訪ね、長い時間 中谷博士の資料に見入ったものです。

http://sotto-voce.seesaa.net/article/190021841.html






130522_082044.jpg


今までの 霧の彫刻の作品を集めた 本&DVD
早速、購入しました。
「私は 霧を発生させるだけ、あとは 風任せ」と
芙二子さんは 軽やかに笑っていましたが、
綿密な計算、科学的な実験をもとに、
今や 世界各地の博覧会で ひっぱりだこ。
世界を駆け回って 霧を作っておられます。





130522_070101.jpg


霧か・・・・

・・・・・食えね〜〜〜なっ

「君に 芸術はわからんよっ」




ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです




posted by りふぉんママ at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | りふぉん | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。