sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2011年01月11日

断線

P1170027.JPG

          一本、抜けてます・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)



P1170029.JPG



P1170035.JPG

        新しい弦が 入りました〜〜〜



P1170030.JPG



P1170031.JPG

        「りふぉん」「な〜に?ママ」



P1170033.JPG



P1170026.JPG





りふぉんママです〜〜



実は 暮れに 一大事が起こったんですよ・・・がく〜(落胆した顔)
28日に 今年最後の ピアノの調律をしてもらっていたときのこと。


何やら すんごい音が・・・・・っ
りふぉんも びっくりして ワンワンっどんっ(衝撃)


なんだろう〜〜と とっさに 思い浮かばなかったんですが、
断線ですっ
つまり ピアノの弦が 切れたんですな〜ふらふら

ものすごい力で 弦を張っているので
切れると ものすごい音がします、特に 太い弦は・・・・



断線は 別に 珍しいことではないんです。
でも 私は ほとんど 切ったことがなく
今 使っているピアノ、NYで勉強中に買ったんですが、
それが 33年前・・・・・
以来、一度も 切れたことがなかったのに
ついに・・・・・切れました〜〜
それも 一度に 2本も・・・・


一本は ちょうど 真ん中くらいの弦。
真線と言います。
何も 巻いてないまっすぐな一本のピアノ線です
それでも 高いほうの弦に比べると
あまり切れない場所の部類です



問題は もう一本の方〜〜〜
みえますか?写真・・・・


なんと 一番太い弦なんです〜〜
銅巻き線と言います
これは 真線に さらに 巻いてある弦です
Base strings と言って 特注しないと ダメな弦です

これは 滅多には 切れない。


びっくりです〜〜〜
相当 金属疲労を 起こしているんですね。
一本だけ 替えても 音が変わってしまうし
他も 金属疲労していて 切れるのは 時間の問題。


全部 一斉交換が望ましい。
ただし、このピアノは steinwayという メーカーのもので
銅巻き弦というのは 1人の人が 休憩を取らずに
1セット巻くのが望ましい上、steinwayの base弦は 
特徴があって 日本では 手に入らない。


それで NYにオーダーすることにしました。


とりあえずは 仕事が一段落しないと 交換できないので
一本だけ 大急ぎで 作ってもらい、交換しました。
で、2月下旬に NYから送ってもらった base弦と
日本で 入手できる 真線を 1台分 全交換します。
調律ピンという 弦をとめているピンも 少し太いのに
交換する 大作業になるので 一週間 修理にかかります


楽器、というのは 特に ピアノと弦楽器は
箱の部分、つまり 木でできている部分が 重要なので
メカニックの部分は 消耗品、交換も しかたのないことです。


修理は 時間がかかるし、
その後も 2〜3ヶ月は 音が安定しないので
できるだけ ピアノを やすませられる時期にしないと〜〜
お金もかかるなあ〜〜〜がっくり・・・・・
稼がねば〜〜〜〜っもうやだ〜(悲しい顔)



もう1台 あるので 練習は できますけどね・・・・
いつも 使っている愛用の楽器で 練習したいから〜〜


まったく 33年目に・・・・


すったもんだとやっている間も
隣の部屋で りふぉんは おくつろぎ・・・・・眠い(睡眠)


お時間になると
「散歩・・・」要求〜〜〜
ダッシュ(走り出すさま)
呼びかけ、顔を見る、練習ね・・・・・
お座りもしようね・・・・信号では・・・・


はいっ
よくできました〜〜〜っ
ご褒美の クッキーに飛び付く りふぉん・・・・
耳毛も 最長状態になってきましたよ〜〜〜〜


ランキングに参加しています
今日も ポチっと お願いできると うれしいです




posted by りふぉんママ at 08:09| Comment(4) | TrackBack(0) | りふぉん | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。