sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2010年09月19日

マヨルカ島の海

100917_073006.jpg10-09-18_006.jpg10-09-18_005.jpg10-09-18_004.jpg




りふぉんママです〜


まず〜りふぉんの様子です。
直美先生からきた うれしいメールを 掲載しちゃいます♪


「先生は、お薬が効けば、3日も経つとケロッと良くなりますよ、とおっしゃっていた通り
3日目の昨日は、下痢をしてから初めて 良いウンチがでました〜!

下痢がピタッとおさまったあと しばらくぶりのウンチで、どんなだか どんなだか ドキドキしていたのですが
りふぉんのオチリから出てきた物を見て びっくり、嬉しかったです〜O(≧∇≦)o

今日は、今までの分を取り戻すかのように朝のお散歩で 3回のウンチ!!
最後のウンチも 柔らかくなりません〜

りふぉんは若いので
具合が悪くなるときも 快方に向かうときも早いです 本当によかった。

院長先生からは
3日経っても症状が治まらないようでしたら、ただの大腸炎じゃないかもしれない、その場合はまた受診にいらしてください、と言われていたので、3日経ってケロッと元気になったりふぉんを見て 気が抜けたように安心しました〜…。

これもすべて りふぉんの頑張りのおかげですね。
りふぉんに感謝です〜
(最近では、ニガイお薬に はちみつを入れてごまかしても ペロペロと飲んでくれず ピストン型の注入器で チュっとお口に流しちゃうのですが )


お友達ワンことは まだ遊ばず、いつも私の膝の上によじ登ってます。

他のワンこにボールを投げてたり 持って来たりを
私の膝の上から
楽しそうに眺めているんですよ〜。」


・・・だそうです〜
お散歩は、誰よりもはりきり 先頭きって歩くそうです〜
もう 大丈夫ですね。


直美先生、ありがとうございました。



さて 今日は マヨルカ島に住んでいる パパの知人に 車で 島を案内してもらいました!


バスもありますが 本数が少ないので 大助かり〜


まずは 今回の旅行の メインイベント、ショパンが 恋人のサンドと 一冬を過ごした バルデモサの修道院へ。


バルデモサは とても かわいい村、修道院の ショパンが 暮らした部屋には 使っていたピアノや自筆の楽譜、手紙、写真などが 展示してあり ここで 作曲した 有名な「雨だれ」の 原譜も 見つけました。


そのあと 起伏に富んだ マヨルカ島の 海岸線を ドライブ、景色のよいところに 車を止めては しばし 美しい海を眺め、ソイエルという 海水浴場まで行って ランチ、友人と別れ、バスに乗って パルマ・デ・マヨルカまで 帰ってきました。


夜は また 友人と マリーナのレストランで 食事をする予定です。


こちらは 夕飯が 遅くて レストランが 開くのは だいたい 8時、食事が終わるのは もう 日付が 変わるころです


意外に 美味しいのが マヨルカワイン、タパスをつまみながら 話が つきません。


ちなみに 昨夜 一緒だったのは フランス人とドイツ人の夫婦、今日 一緒なのは アルゼンチン人と スペイン人の夫婦です(笑)


我々のように 日本人同士の夫婦、海外では 当たり前でもないんですよね〜(爆)



ランキングに参加しています。
今日もポチっとお願いできると うれしいです




posted by りふぉんママ at 01:09| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。