sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2010年09月17日

りふぉんに笑顔が戻りました!

100916_085248.jpg

100916_122735.jpg


りふぉんママです〜


りふぉん、脱水症状もなくなり、下痢、嘔吐もなく 療養食も食べ 元気になったようです〜


本当に良かった!!

パパなんか 「大丈夫だろ〜」なんて 言いながら、一日に 何度も 「その後 りふぉんの様子について 何か言ってきたか?」って 聞くんですよ〜


携帯メール着信が鳴るたびに「りふぉんか?」


「もっと 逞しくないと 困るな」などと 言うくせに これじゃあ 過保護度 100%

だから 今朝 届いた この りふぉんの 元気そうな笑顔に もう デレデレです〜

バルセロナから 親バカ丸出し、「りふぉんに よく似たジャックに会った」と やはり 気にしているんですねぇ〜

10-09-16_001.jpg

10-09-16_002.jpg

ところで、
みなさんは パブロ・カザルスという チェロ奏者を ご存じですか?


カタルーニャの魂、それまでの チェロ奏法を 画期的に変えた チェロの神様のような存在です。


その カザルスが生まれた町が バルセロナ近郊にあります。
アル・ベンドレイという 小さい田舎町です。


今日は にぎやかな バルセロナを離れて 列車で 1時間ちょっとの この町へ 出かけてきました。


一時間に一本しか 列車がないので またまた パパより 早く ホテルを出て メトロを乗り継ぎ、長距離列車の駅から 乗って やっとこさ たどり着きました。


教会を中心にした かわいい町、入り組んだ路地が 迷路のようです〜


中心の広場には カザルスの銅像、その近くに 生家があり 今は 博物館になっています。


ゆっくり 見せてもらい、町を 散策、カフェで 美味しいサンドイッチを食べ、また 一時間に一本の列車に乗って バルセロナに 帰ってきました。


大きな 観光地よりも 何もない 田舎町が大好きな私、英語はおろか 標準語のスペイン語ではない カタルーニャ語を話す 小さい村、のんびりした一日でした。


明日は いよいよ マヨルカ島へ飛びます



ランキングに参加しています。
今日も ポチっとお願いできると うれしいです




posted by りふぉんママ at 03:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。