sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2009年07月09日

りふぉんと旅の記憶 2

P1030734.JPGP1030731.JPGP1030463.JPGP1030465.JPGP1030468.JPGP1030470.JPGP1030474.JPGP1030478.JPGP1030480.JPGP1030481.JPGP1030482.JPG


りふぉん・・・・ママを大きな目で じっと見てます。
ふと 気づくと いつも 見てます。


昨日は お散歩がてら 宅急便を出しに行ったんですが、
いつもは お店の中でも 落ち着かないのに、
昨日は ちゃんと 横に座ってました。

何か 学んできてくれたのかなあ〜〜

7匹のワンコちゃんたちの中で 一番下っ端だったりふぉん、
年上のワンコたちに いろいろ 教えてもらったのかな〜


さて〜〜〜
3枚目の写真は コペンハーゲンで 泊まっていた、
長期滞在者用の ホテルアパートです・・・・・
一番上の 屋根裏部屋みたいな部屋で 見晴らしが
よかったですよ〜〜〜〜

で、
今日は 今回の旅の中で、一番 楽しみにしていた、
デンマークから ドイツへの列車移動の様子です。

昔は 安いし、宿泊も助かるし、面白いし、若かった(笑)ので
よく 列車に乗りました。
寝台車も よく乗りましたよ。
パリからベルリン、 ハンガリーからドイツ、
超特急のICEで 8時間くらいのって ドイツを縦断したことも
ありました。

最近は パパさんの仕事の日程が ギュウギュウなので
移動は 速い飛行機っていうことが多くて 
ママは 一日 日帰りで行ける範囲を 列車に乗って帰ってきたり
してました〜〜

今回は 週末に移動が当たったので やっと、デンマークから
ドイツへの 移動を列車で行ける時間ができました。
(このルート、普通は 飛びます)


このルートを どうしても 列車で移動したかったのには
訳があります。
旅行中のブログにも 書きましたが、
この列車、 列車ごと、フェリーに乗るんです。

イタリアのローマから シチリア島に行く列車も フェリーに
乗りますが、チャンスがなくて いつも 飛行機でした。

今回の列車移動は 全部 合わせても4時間、と 比較的
短く、景色も美しい、と聞いていたので ものすごく楽しみ。

お天気が心配でしたが(フェリーで雨だと 悲しい〜〜)
快晴で、暖かく デッキで40分 楽しめました〜〜〜


まず、デンマークのコペンハーゲンを 11時27分発、
ハンブルク行きの ICEに 乗りこみました。
どうやって 長い列車を フェリーに収納するのか
不思議でしたが、なんのことはない、列車は たった 3両でした。

パパさん、「列車が フェリーの中で とぐろを巻くんだよ」

・・・・・残念でした〜〜


途中、橋を渡り、田園風景の中 そろそろ 海が見えてきました。

いよいよ 最後の 海峡を フェリーで渡る時間です。
直前に 国境駅があり(放送がありました) しばらく 止まります。
パスポートチェックくらい あるのか、と思いましたが、
何もありませんでした。
ヨーロッパの中は 頻繁に みんな 国境を超える生活なので
滅多に パスポートチェックはありません。
・・・・・が、みんな 免許証と同じように 常に携帯しています。

実際 ガソリンが安い、という理由で 隣の国に行くこともあります。
隣の国のスーパーが安いから〜〜と買い物にも行きます


で、いよいよ〜〜〜
ゆっくりと 列車が フェリーに 入っていきました〜〜
窓が開けばなぁ〜〜〜〜

中に入ると すぐに ドアがあき、階段が運ばれて 列車の乗客は
大きな荷物は 座席に置いたまま、列車を全員 降ろされます。
列車に残ることは できません。
・・・・というのも 荷物を置いてあるので 列車に施錠するんです

我々も 貴重品だけ持って 降りました。
ホーム以外で ICEを見ることなど 滅多にないし、ここは フェリーの中、
興奮しましたね〜〜〜(子供みたい・・・・)

早速 デッキに上がります。
フェリーの中には もちろん 自家用車で 乗っている人もいるので
かなりの人がいました。
みんな、びっくりするほど 充実した 免税店に殺到して
買い物三昧・・・・
その量がすごい・・・・
税金が 25%のデンマーク・・・・
ビールも安いので 大量に買ってます。


40分の乗船時間なので 時間との戦い、お店の人も 必死です・・・(笑)

我々は デッキの いい場所に陣取り、パパが ホットドックと
飲み物をゲットしてきて 束の間の 船旅〜〜〜

ドイツ側の陸が はるか彼方に 見える程度の距離です。

寒い時期だったら とても 外のデッキにはいられないので
ラッキーでした〜〜〜

あっという間に ドイツが近づき、ここでも パスポートチェックが
ないまま、列車に戻ります。
遅れたつもりはないのですが、 慌てることもなく 列車に戻ったら
もう 全員 乗っていて、我々のすぐあとに ドアが閉まり、発車しました。

列車の隣には 大きな トラックが止まっていて 一瞬、列車が
消えてしまったか、と思いましたよ〜〜〜〜

なにごとも なかったように 列車は そのまま フェリーを出て
無事に 次の目的地、ドイツのリューベックに到着しました。


明日は ドイツ、ハンザ同盟の中心地、古都、リューベックです
また よかったら お付き合いくださいね

では 今日も ポチっと よろしくお願いします




posted by りふぉんママ at 09:08| Comment(6) | TrackBack(0) | りふぉん | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。