sotto voceブログはお引越しました。
こちらからご覧ください。




2008年08月02日

剥離骨折とは..

Image585.jpg


超危険な 一ヶ月が経過したので ジャック仲間の皆さんのために りふぉんのレントゲン写真を公開します。骨の太さのわりに、大変、活発な動きをする犬種なので、皆さんも、気をつけてくださいね

わかりずらいと思いますが、下半分についている、小さい骨が 太い骨から 完全に剥離しています。

骨が折れたのではなく、質の違う骨が 本来 くっついているはずが、まだ子犬だったため 間の組織が 柔らかく、衝撃で 剥がれてしまったんです。

大学病院の担当の先生は「これだけ ひどい剥離で、手術しなかった例はない」と おっしゃって 随分 考えていらっしゃっいましたが、成長期の子犬であること、手術予定日の歩き方が しっかりしていること、直後ではないので 骨を少し削らなければならない 多少 難しい手術であること、なにより 家族が 手術を望んでいないこと(手術そのものより 長期の入院)を 考慮して 自宅安静に なったわけです。

手術しないので この 剥離した骨が 自動的に くっつくわけではありませんが、補い合うように 組織ができ、強く 接着するのだそうです。
そうなれば オリジナルなものですから 人工的なものより 強いはず、りふぉん自身が持つ 治癒能力の勝利になります。

まだまだ 油断できない日々が続き、ママは 今朝も 走り回るりふぉんに 雷を落としていますが、少しずつ 危険が薄い走り方をさせて ストレスを発散してもらってます。

七ヶ月の子犬には 本当に、過酷な試練だけど 頑張ってほしいです〜〜


posted by りふぉんママ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | りふぉん | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

ありがとう(^0^)/

Image644.jpg


一瞬だと思いますが、ブログランキング五位になりました〜〜

大変な怪我をしている りふぉんと 心身ともに 消耗しているママには 大いに 励みになります。

二ヶ月の頃の りふぉんの写真です。

これからも 応援 よろしくお願いします。
posted by りふぉんママ at 13:19| Comment(4) | TrackBack(0) | りふぉん | 更新情報をチェックする

七ヶ月になったよ

Image640.jpgImage643.jpg


ママは 七ヶ月を 何となく 目標にしてました〜

雑誌で 七ヶ月のジャックラッセルが 飛行機に乗って、北海道へ遊びに行った記事を見て「この犬、かわいい〜飛行機に乗せたい」って。

その頃は 前の子が 16歳の老犬で 飛行機なんて 夢でした。

だから りふぉんが来た時、夏になったら 飛行機に乗ろう、レンタカーして 北海道を回ろう、広いところで 思いきり 走らせてやろう〜〜と ケージも飛行機に乗せていい規格のものを 購入しました。

なのに〜〜〜現実は 家の周りを お散歩することさえ 許されない、やはり 飛行機は夢のまた夢、の夏になってしまいました。

足に負担なので ダイエット中でもあるし、八方塞がりのりふぉんに 何か 喜んでもらえることは ないでしょうか〜〜

何か いいアイデアがあったら 教えてくださ〜〜〜いm(._.)m
posted by りふぉんママ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | りふぉん | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。